2018年5月のツイートより

2018年5月のツイートのうち、反響の大きかったものを
抜粋してまとめました。
________________________________________
2018年05月01日(火)

私が連載している北日本新聞の「女のホンネ」、このたび
北日本新聞が始めた「コノコト」で読むことができます。
トップページの「最新記事」の上から5つめの「先輩」の話が、
今回の私の原稿です。 http://www.conocoto-toyama.jp

私の友人がアップデートしてくれました。特にタイに注目ですが、
これで夫婦同姓を強要しているのは本当に日本だけ、ですね。
http://www.hirokom.org/minpo/siryo01.html…
________________________________________
2018年05月04日(金)

『「焦りグセ」がなくなる本』刊行しました。
詳しくは https://bit.ly/2rjSJ1S
「いつも忙しいがなくなる・・・」のリメイク本ですが、
いろいろ加筆したりしています。しかも、文庫です。
________________________________________
2018年05月05日(土)

ともだちっていいな。50にして改めて認識。
________________________________________
2018年05月07日(月)

教育にこそAHを取り入れたらよいのに。どれほど愛と勇気を
持つ子が育つだろう。
闇を大変な苦労で分析しても光は見えなかった。
でも、光を当てたら闇はすぐに消えた。
________________________________________
2018年05月08日(火)

このくらいの歳になると、「人生でこれをするのは、最後になるかも
しれない」という感覚が、自分を現在にいやすくしてくれていると思う。
本当はそれは年齢に関わらず、人生のすべてにおいて言えることなのだけれど。
________________________________________
2018年05月11日(金)

今週は高松でAH三昧。今日は入門ワークショップが行われている。
私は明日の実践ワークショップから合流。
明後日はゆるしのワークショップ。楽しみ。

今日高松行きの便にのり、離陸したと思ったら突如「着陸態勢に入ります」との
アナウンス。何が起こったの?と思ったら、
単に飛行時間中私が泥のように眠っていただけだったみたい。
_______________________________________
2018年05月18日(金)

相手に何をしてあげられるだろう、と思うことが、「つながり」だと思う。
罪悪感に浸ることは、相手に背を向けることだから。

幼稚園の遠足の時、大きな輪になってお弁当を食べる企画だった
らしいけど、私は身近な友達と小さな円を作って食べた。
あとで写真を見てすごく恥ずかしかった。「他の人と違う行動をとりましたね」と
ほめられるのでもなく。以来、幼稚園がさらに嫌いになりました。
________________________________________
2018年05月20日(日)

ひどい目に遭って報復感情が高まってしまったとき。
AHの「無防備は力」を思い出し、報復感情を手放してやりとりしてみた。
すると、より安全な、新しい道が。
これは、殴り続けられろという意味ではない。AHでは「形」と「心の姿勢」を
明確に区別する。心の姿勢さえ無防備であれば、自分の力となる。

ずっと実用化を願ってきた「親友ノート」、創元社で刊行してもらえる
ことになりました! すごく嬉しいです。このノートによって、
皆さんがご自分に優しくなりますように。
詳細は、刊行近くにお知らせします。

ありがとうございます。私のような精神科医・・・
これはトレーニングよりも自分個人から得られたような気がしますが、
今は後輩たちに頑張って指導しています。
「治せなくてもよい。傷つけなければ」が指導における私のスローガンです。
________________________________________
2018年05月22日(火)

「自己肯定感、持っていますか?」のオーディオブックが、昨日から販売となったそうです。
https://audiobook.jp/product/239716

今日も、「自己肯定感、持っていますか」の台湾での出版オファーがありました。
いろいろな本に、中国語やハングル語の翻訳をしていただき、
「もしかして台湾や韓国の人の方が読書好き?」と思いつつも、嬉しいです。

仮に札幌でワークショップをするとして、必要なのは、
事務局をやってくださる方と、会場確保だけです。もしも、
「やってみようかな」と思う方がいらっしゃれば、
ahtomoko@yahoo.co.jp(ともこさん)にご連絡ください。
いずれ、私も行きます!

AHに参加する上でのガイドラインには、「自分のプロセスに評価を下さない」と
いうのがあります。つまり、「こんな私がAHに参加していいの?」という疑問そのものが、
ガイドライン違反(笑)となります。ぜひぜひ。
________________________________________
2018年05月23日(水)

うーん、変な答えになってしまうのですが、私は今の自分を見ても、
赤ちゃんとか動物とか本来好きなんです。
でも、「赤ちゃんが好き」と言うと、当時十分差別されたいたので
「ああ、女性だからね」ということになります。
だから20代は、「これだから女性は」と言われないことに神経を使っていました。

でも、最愛の叔父を亡くし、兄に生まれた子があまりにもかわいかったので、
私も命を生み出したい、と思うようになりました。
現実的な私は、まず私たち夫婦の相性で子どもができるかを知りたいと思いました。
その最初の子が流産で、そのときに本当に初めて、我が子を失って泣き続けることになったのです。
_______________________________________
2018年05月24日(木)

子どもを持つことになった最大の理由は、20代に思春期の子をたくさん治療する中で、
「子育てにおけるポイントは、決して多くない(重要なところさえきちんとやれば大丈夫)」と
いうことが分かってきたことです。著書「怒らないですむ子育て」等に書いた内容ですね。

実はうちのクリニックは、ここ数週間電話がつながらなく(両方向)、
メール以外は陸の孤島のようになっていたが、
昨日、昔の事務長が来てくれて見事に直してくれた。感謝。
________________________________________
2018年05月27日(日)

今日は有資格者向けの対人関係療法研究会でした。研究会自体の内容にも満足でしたし、
全国展開できるよう、若手の皆さんが知恵を出し合ってくださるのが何よりです。
________________________________________
2018年05月28日(月)

特に患者さんの「死にたい」はどちらかと言うと「消えたい」に近いと思う。
自死するほどアクティブではなく、とにかくこの現状から脱したい気持ち。
そういう人には、「死にたいほどつらいんだね」と心を拾うことが必要で、
「死にたくもないのに死んでいる人(子ども)がいるのに」は本当に的外れ。

この3月に50歳になったのを機に、生き方を大きく切り替えようかと思っています。
AHと診療、そして執筆は引退なく死ぬまで続けます。
でもアカデミズムの第一線にい続けると、やりたいことができない。
それは私が指導した人たちに任せます。
週半分くらいは山にこもりたいです。さあ、できるかな。

【新刊】『イライラを手放す生き方  心の強い人になる条件』を刊行しました

★★「イライラを手放す生き方  心の強い人になる条件」刊行しました★★

さくら舎  1592円(税込)

【内容紹介】

イライラ人間を卒業! 心の強い人間になる!

本書では、現象として起こってくる「イライラ」をどうするか、
という表面的な話にとどまらず、そもそもイライラとは何なのか,
イライラを根っこから絶つにはどうすればよいのか、という「深い話」を
一緒に見ていきたいと思います。すると、イライラをよく理解して
根っこからの対応をしていくことが、結果として自分を力強い存在にしていく、
という構造が見えてくると思います。
「とにかく目先のイライラをどうにかしたい」という方も、
「これを機に自分の生き方を変えてみたい」と思う方も、
どちらにも本書がお役に立つことを願っています。(「はじめに」より抜粋)

Amazonで購入される方は
https://amzn.to/2JpQAcB

【新刊】『焦りグセがなくなる本』を刊行しました

PHP文庫  745円

【内容紹介】
「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」「あれもこれも終わっていない」と
・いつも「時間がない」と感じている

・期日までに終わるかとしょっちゅう不安になる

・「これさえ終われば」といつも追い立てられている

・忙しいため、デスクがいつも散らかっていてイライラしてしまう

本書は、そういう方のための本です。

実際にはそれほど忙しくないのにいつも焦ってしまい、
「どうして自分はこんなに要領が悪いんだろう」と悩む人。
本当は忙しいのに、なぜかいつも余裕があり、
やりたいことがサクサクできている人。
この両者の違いはどこにあるのでしょうか。

本書では、そのメカニズムを解説し、自分自身が人生の
主役になれる方法を紹介していきます。

★『「いつも忙しい」がなくなる心の習慣』に加筆、修正、
改題したものです。相性のよい御友貴子さん編集。

Amazonで購入される方は
https://amzn.to/2rjpbBj

2018年4月のツイートより

2018年4月のツイートのうち、反響の大きかったものを
抜粋してまとめました。
________________________________________
2018年04月02日(月)

確かに、今どき「党員」のような、主体性を無視した分類はないですよね。党
員だから党に従う時代ではなく、自分が実現したい社会を目指してくれる
政治家(できればそういう政治家が基準となっている政党)を応援したいですね。
私は議員の過酷さを知っているので、全体にちょっと甘めですが。
____________________________________
2018年04月03日(火)

著書『身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本』がオーディオブック化
されました。お役に立てば何よりです。
https://audiobook.jp/product/239402

昨日は、「女に生まれてよかった」の本が台湾で翻訳されるとのお知らせを
いただき、どの本がどの国でどうなっているのか、だんだんわからなく
なってきました(笑)。基本的に全部OKしています。
http://amzn.to/2CrRzst
________________________________________
2018年04月05日(木)

最寄りの書店。うちの息子が小学時代?職場体験に行ったところです。
さくら舎の方や息子の営業力(!)のおかげで、著書が1冊ずつなんとなく
置かれるようになりましたが、昨日、『「毒親」の正体』が
平積みにされているのを初めて見て、相当感動しましたよ。

確かに書店に所狭しと並んだ書籍からは「しばらく動きがなければ
取り除かれても仕方ない」という気はします。
学生時代、読みたい本を探して原付で出版社までも買いに行ってい
私は「仕方ない」志向が少ないのですが、でも今は電子書籍がありますね。
中高時代に買ったフランス文学は捨てられませんが。
_______________________________________
2018年04月10日(火)

「高邁」な思想に基づく暴力的革命と、強制的な「行動療法」には
共通点があると気づいた。
どちらも、人間を機械のように扱えば改善するという前提に立つからだ。
本当に有効な行動療法とはそんなものではなく、まさに信頼関係の上に
しか成り立たない。

ベトナムのホー・チミンとカンボジアのポル・ポトを比べると、
やはり自信のある人と、実力以上の地位を与えられてしまった人の
違いがわかる。長年考えてきたけれど、そういうことなのではないかな。

ちなみに、カンボジア人はとても優しく、息子が1歳の頃に行ったと思うが、
「赤ちゃんだ、赤ちゃんだ」と取り合いになって抱っこ戦争。
安宿だったけれど、親は大変楽をさせていただきました。
(カンボジアだけでなくアジア全般にこの傾向はあり、日本だけが違うという気もする)

大切な人を亡くした後、悲しみは続くけれど日常生活を難しくするのは
一時期。これは本当にそうだと思う。
40歳で父を急死で亡くした私は、普通に仕事できるようになるま
1年間かかったが、時々思い出してじっくり浸る時間もまだまだ必要。
今日はどうやらその日らしいが、抑制しないようにしている。

バリだったか、子どもをヒステリックにたたく日本人の母親を、
地元のおばさんが「子どもを叩くものじゃない!」と守っていた
風景を見たことがあります。

うちの息子が港のベンチから落ちたときも、そこらじゅうの人が
総結集で助けに来てくれました。
あー、デング熱がなければバリにまた行きたいな。
________________________________________
2018年04月11日(水)

オーディオブック版
「小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ」
販売開始 https://audiobook.jp/product/239423

私の漢方の恩師・寺師睦宗先生が2月17日に亡くなられたというお知らせを
ご子息からいただいた。根っから明るくまっすぐな先生からはたくさんの
ことを教えていただたいた。
うちの二人の子の逆子が治ったのは、寺師先生がお灸のしかたを
教えてくださったからだ。
_______________________________________
2018年04月12日(木)

インドのバスは切符を買っても外側の棒にひたすらぶら下がって
いなければなないことが多かったが、見知らぬ女性が「ここがあいたから
座りなさい」と誘導してくれた。
その後日本で2回妊娠したが、誰もバスで席を譲ってくれなかった
(まあ私のお腹がほとんど目立たなかったのも大きいだろうが)。

私が痴漢に遭っていた時代のほとんどが学校の制服だった。
アンチ・制服派の私は、制服をやめたら痴漢被害が減るのでは
ないかと思ったほどだった。
時代の流れももちろんあるが、制服を着なくなってから痴漢に
出会わなくなった。

今日は診療後、婦人公論の取材でした。媒体ごとにターゲットとす
年代が違うので、自分も人生の時間軸を考えながら答えられる。
つい最近20代向きのWithが取材に来たこともあって
(私も大学生の頃流し読みしていた)、さらに歳をとった時に
自分がどうこたえるか、楽しみです。

おかげさまで最近は毎週のように単行本執筆の依頼をいただくのだが、
もちろんそんなにたくさん書けない。
そんな中、不遇だった頃からお世話になってきた出版社や編集者さんを
優遇するのは、仕方ないですよね。
もちろん、よほど「書いてみたい!」テーマであれば別ですが・・・。
________________________________________
2018年04月16日(月)

2012年に刊行した著書『「心がボロボロ」がスーッとラクになる本』が
7刷になるとのお知らせ。この本は、「私の言う通りのタイトルにすれば
もっと売れたのに」の不満グループの一つなのだが(笑)、2018年の今年も
人のお役に立っていて幸せ。 https://amzn.to/2vfLHQG

『プレッシャーに負けない方法 ─「できるだけ完璧主義」のすすめ』も
同じ版元で増刷に。この本もタイトルについて相当やりとりして、
私としては(タイトルは)60点の出来。内容は常に、その時の自分に
できるだけのことをやったと達成感あり。
https://amzn.to/2qznoIZ

官房副長官だった安倍さんは「日教組どうするんだ!」というような野次を
ずーっと続けて(別に話題は日教組ではなかったのに)、まるで一台の
右翼街宣車みたいだった。
野党党首の菅直人さんから「安倍さん、政府席からはヤジるものではないですよ」
と諫められていたのを、現場で見ていた。証拠百%。
________________________________________
2018年04月22日(日)

穂高養生園でのAH宿泊ワークショップから車を運転して帰ってきました。
この写真は助手席からともこさんが撮ってくれたものです。
お天気で、運転も楽でした。毎年恒例となった養生園でのワークショップ、
今年も皆さんと楽しく深い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。 https://twitter.com/tomokoko513/st

今回つくづく感じたのは、笑いは私にとっては酸素みたいに必要なものだと
いうこと。そして、笑いを共有できることがものすごく幸せだということです。
________________________________________
2018年04月24日(火)

どちらも読みましたが、蓮池兄弟の本はいずれも深いです。お兄さんの
「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」は
タイトルが過激ですが、要は自分たちが政治利用されていることを
そして弟さんの「拉致と決断」は私たちが知りたいことをとても
よく教えてくれます。

これは一つの希望ですが、今の混乱した、モラルの低下した政治・行政状況を
しっかり観察して脱すれば、日本は本当の立憲民主主義国家に
なれるような気がしています。
党派は何でもよいのです。ただ、私たち主権者には、国家に、
立憲主義と民主主義を求める権利があります。

そういう意味では、与党支持の方こそ頑張ってほしい。ここまで不祥事
(犯罪行為の疑い含む)が積み重なると、与党をただすのは野党の仕事と
いうよりも本家本元の与党の役割のように思います。
皆さん、同類に思われて大丈夫なのでしょうか?
_______________________________________
2018年04月25日(水)

前に書いた本のリメイク版がしばらく続きます。まずは
「焦りグセがなくなる本」。
これは、『「いつも忙しい」がなくなる心の習慣』を加筆・
修正・改題したもの。大好きな御友さん編集です。
オリジナル本を読んでくださった方には、
お勧めするかどうか迷うところです。
https://amzn.to/2JpwTBm
_______________________________________
2018年04月26日(木)

今度は、『大人のための「困った感情」のトリセツ』がハングル語
訳されることになりました。
ここのところ次々といった感じで、本当に、一度韓国に見に
行かなければ! と思っています。

今日は、『「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント 』
がまた増刷になるというお知らせをいただきました。
一人でも多くの方にこの本を読んでいただきたいと思っているので、嬉しいです。
https://amzn.to/2vKxaNq

5月16日に、NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断」にインタビュー出演します
へえ~~という内容で、私もおもしろかったです。詳しくは
https://bit.ly/2I0gHai

リメイクは、オリジナル本を買われた方には何と言ってよいか
わからないのですが、「進化した」と思えるときにはお勧めするようにします。
本の装丁を私はかなり気にする方なので、装丁がよくなったときもお勧めすることにします。

ちなみに、リメイクに同意するかどうかは、私とオリジナルの版元の関係性によります。
こんな私の本を出してくださった版元には感謝のみです。ですから
版元がOKと言ってくれたときだけ、リメイクになります。

(1)     装丁についてうるさいことを言っていますが、実は私は高校生で美術的な
花が開いたタイプなんです。
小~中は、「どうして空は水色なのに、紙の隅々まで水色を塗らなければいけないの?」
という疑問から、塗りませんでした。
そんな手抜きの生徒は当然、成績がよくありませんでした。(図工と体育)

(2)     高校での課題は、「自分が好きな詩にあったイラストを描く」というものでした。
私はバイロンの詩を選び、自分のイメージだけでイラストを描きました。
そうしたら生まれて初めて、美術の先生が「僕が求めていたのはこれだよ」と
言ってくれ、「秀」をくれたのです。

(3)     もともと似顔絵とかは得意で、漫画家になりたいと思ったことも
あるのですが、それが高校までの教育では全く評価されなかった。
でも「秀」をもらったことで、次の水彩も(珍しく隅々まで色を塗って)
積極的に取り組んだらそれも「秀」。
影のところなどの色の使い方がよかったそうです。

(4)     おだてに弱い私は、「大学は芸大に」と思ったのですが、
結局次の課題のアクリル板で引き出しを作る、という工作で脱落しました。
絵は好きだけれど、手先は器用ではないのですね。芸大の夢が破れ
ぐずぐずしている間に、結局医学部しか行くところがなくなってしまいました。

今でも、絵を描くことは好きですし、絵手紙とか時々挑戦しています。
私の娘が、絵が得意なことも「さすが私の娘」と自己満足しています。
でも、教育者の見る目によってこれほど美術に関する自己肯定感が
変わるとは、本当に驚きでした。教育は深いです。
________________________________________
2018年04月27日(金)

リメイク本の一つ、校正を終えて、今コンビニに届けました
(ヤマト運輸はセブンイレブンです)。
これまた刊行が近くなったらお知らせしますが、今回校正のために
読んでみたら、かなりよい本だということがわかりました(笑)。
オリジナルを読まれていない方には、かなりお勧めです。詳細は後日。

後輩から、対人関係療法について発表するスライドのチェックを頼まれて、
もちろん喜んでしたのだけれど、これからはそういう若い人が
担っていくのがいいな、という引退思考の強い私です。
もちろん何かを無責任に投げ出したりはしないですが。後輩がんばれ。

ちなみに、先ほど送ってきたリメイクは『すべての「イライラ」を
根っこから絶ち切る本』(文庫)を単行本化したものです。
6月には出版される予定なので、オリジナル本は買い控えていただいた方が
よいと思います。

ハングル語版「それでいい。」です。右クリックで翻訳できるそう
なのですが、なぜか私はまだ成功していません。
でも、いい感じだそうです。 https://bit.ly/2JuBXV0
________________________________________
2018年04月29日(日)

娘が通った高校は決して偏差値が高いところではないのですが、
事前面接で娘に「お母さんがあなたをほめると思うところを5つ
言ってください」と言われ、娘はちゃんと答えましたが、その先生
惚れて進学先を決めました。
と、ところが娘が入学したときには定年退職に…。「詐欺だよねえ」と娘と苦笑。

2018年3月のツイートより

遅くなりましたが、
2018年3月のツイートのうち、
反響の大きかったものを抜粋してまとめました。
________________________________________
2018年03月06日(火)

女性は「商品」じゃない! 「…べき」を手放し、
女性である自分を好きになれる“心のレッスン”とは?
| ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com/review/431536/ @d_davinciさんから。

息子が小さかった頃、「オレオレ詐欺なんかがあったら、
まず『俺なんて言っちゃだめでしょ』ってかか(私)に
叱られるね」と二人で大笑いしたことを思い出します。
今では息子も友達向けには「俺」ですが。
https://twitter.com/tomokoko513/status/970946077284184064

ダ・ヴィンチニュースの記事、たまたま「女性」で検索したら
上位でヒットして、その存在を今日知りました。
知らないところでも読んでいただいているのだな、と感動しました
https://twitter.com/MizushimaHiroko/status/970949140665417728
____________________________________
2018年03月07日(水)

私の米国人の友人(年輩の女性)は、かつて共和党支持だったけれども
レーガン政権時代に精神障害者の居場所がなくなりホームレス化するのを目の当たりにして、民主党支持に転向したと言っていた。
https://twitter.com/AllenFrancesMD/status/971052469366108160
________________________________________
2018年3月8日(木)
著書『その不安、ニセモノではありませんか?』がハングル語に
訳されることになった。
ふーん、こんな本が注目されるんだ、と少々意外な気分です。
この頃著書が翻訳されることが多いのは嬉しいです。
http://amzn.to/2IboKAH

こんな時間に翻訳中です。専門的訳書は、収入と言う意味では何の
価値もありません。しかし、言葉のバリアによって日本人専門家の
知識がガラパゴス諸島化するのも困ります。そういう使命感を持つ
自分を、日々の喧騒の中で、どこまで肯定できるかですね。

それは確実にあると思います。ワークショップに見えた方も
「本を読んでわかっていたつもりだけど、実体験するとやはり違う」と
一様におっしゃいます。入門ワークショップは積極的に地方で
開催していますので、もしも「1日だけ行ってみよう」と思われるのであれば、
グループより入門WSがお勧めです。
https://twitter.com/lvGVgJlcwHqfLwU/status/971353404369920000…_

著書『その不安、ニセモノではありませんか?』がハングル語に
訳されることになった。ふーん、こんな本が注目されるんだ、と少々意外な気分です。
この頃著書が翻訳されることが多いのは嬉しいです。
_______________________________________
2018年3月9日(金)

取材を受ける時、(特に政治家時代には)もっと勉強してからきてほしい、
と思うことがしばしば。でも今日の学生さんたちは、「それって先生が
実践しておられるAHの原則に通じますよね?」とか、事前準備がすごくて、
大変感動しました。

今週末は福岡でAHのワークショップです。土曜日が入門ワークショップ、
日曜日が実践ワークショップです。土曜日はともこさんに頑張ってもらって、
私は日曜から合流します。福岡での、初の実践ワークショップです

________________________________________
2018月3月11日(日)

福岡でのAH実践ワークショップ、いろいろな気づきや笑いの中に終わりました。
「福岡でもゆるしのワークショップを!」という声もあり、今後も
拠点の一つにしていきたいと思っています。

この頃JALの頭上の荷物入れが高すぎて、到着した時に手が届かない。
飛び上がって頑張っていたらイケメンの男性があけてくれて荷物もおろしてくれた。
親切な人がいるものだ、と思ったけど、違う、本当はみんなが親切なんだけど、
恥ずかしかったり余裕がなかったりしてできないだけなんだね。

私は自分の資金と体力が続く限りAHJの活動をやっていきたいと思っている。
でもそれができない経済状態や体調(老化?)になっても、死ぬまでAH的に
生きていきたいと思っている。AHJは私が始めた一つの活動に過ぎないので、
その形が辛かったら、AHJから離れてAH生き方をしたほうがずっとよいと思う。

「できる」は普通のできるです。ただ、AHは「べき」ではないので、
選択肢を提示するだけです。そういう意味では「できる」は、
「もう一つの選択肢があるよ」という意味だと思います。
まずは手放せない自分をゆるすところから、でしょうか。
だって全然違う文化圏で生きてきたんですから。

AH創始者ジェリーは2月に93歳になったが、今でも定期的にiPhoneのアラームを
鳴らして「唯一の目標は心の平和」と思い出すようにしたり、靴底
「すべての一歩が愛の選択に」というステッカーを貼ったりしている。
「使えるツールは何でも使うよ」というジェリーの意気込みが好きだ。
_______________________________________
2018年03月14日(水)

明後日からロンドンに出張(朝6時の便!)。
飛行機に乗っている間が締め切りだったりする細々した用事があって、
終わるかどうか真剣に心配。もちろん出張自体の準備も全くできて
いなくて、とにかくよけいなことを考えずに一つ一つ片付けるしかない。
21日には帰ってきます(私と娘の誕生日です)。

クリニックのお隣さんが「庭に梅があるので見てください」と
うちのスタッフに言ってくださった。クリニックの2Fの窓から見たら、
裏庭に本当にきれいで立派な梅があった。今年は梅酒もいただけるそう。
こういうほのぼのしたご近所づきあいはいいな。

今日新聞取材を受けて、被害者意識とヘイトスピーチなどの関連を
思うがままに話した。何新聞の何日の記事か発表してよくなったら
お知らせします。明日は診療の後NHKのインタビュー収録予定で
「なんでどこかに行くとなると、急に忙しくなるの??」という
いつもの疑問は解けないまま。
________________________________________
2018年3月15日(木)

下の子(息子)が小さかったころの満面の笑顔の写真が出てきて、
「かわいい~」と感動を息子と分かちあおうとしたが、
ドアを閉められてしまった。もう、と思ったけど、高1男子が母親から
「かわいい写真だよ」と見せられて「うわー、本当」なんて
返事する方が気持ち悪い。役割期待がキーワードだな。
________________________________________
2018年3月16日(金)

今日刊行になる「毒親」の本は、執筆から刊行まで2年かかった。
誰かを傷つけることがとても怖かったのでお蔵入りにしようかと思ったけれど、
でも自分が臨床で気づいたことで、誰かしらの役に立つことは共有しておきたい。
そんな思いの本。 http://amzn.to/2ph8dCx

出国前に片付けるべき用事がだいたい終わった。とは言え、
あと2時間もしないで起きなければならないので、
ここは起きていて飛行機で寝るのが賢いかな。
「眠いのに起きなければならない」という感覚が結構嫌いなため。

なんかいつも出国する用があると、その前後に仕事がたくさん
来る。昨日は診療後に新聞取材、その後テレビ用のメール取材、
今日は診療後にBSテレビのインタビュー収録、雑誌記事の校正など。
メールがなかった時代は「今外国におりますので」ですんだ話が、
すまなくなっているし。
________________________________________
2018年03月18日(日)

ロンドンは吹雪なのですが、乾いた雪なので傘なしで動いています
刊行日に日本を離れた「毒親」のその後は気になりますが、
こちらですべきことをしてから帰ります。一人でも癒されてくだされば満足です。
_______________________________________
2018年03月19日(月)

「毒親」本についての温かいコメント、ありがとうございます。
執筆後に刊行を悩んだ本は他にないので、ホッとしています。

ロンドンは今日もかなりの吹雪で、例年にない異常気象とか。
_______________________________________
2018年03月20日(火)

今日はロンドンに来て初めて晴れの時間があった(気温はとても低いが)。
明日は帰国便に乗る。時差に慣れ、ようやく頭が英語の頭になってくる頃に
帰国する、といういつもの悲しいパターン。
日本には21日(私と娘の誕生日)に戻ります。
30歳の誕生日に生まれた娘は20歳になります。
________________________________________
2018年03月21日(水)

帰国しました。イギリスはもちろんEUをめぐる政局があるわけですが、
庶民の生活は変わっていないようでほっとしました。
私が大好きな「寛容な無関心」も。
これ、ジャッジメントと正反対の姿勢で、日本人も真似する能力が
あると思うのですが。

小さな達成感の得方。私は今回、銀行の前を通った時に、
「そうだ、古い通貨を替えてもらおう」と決め、大学時代から積も
積もった古いポンドを新しいものにしてもらいました。
チップとしても受け取ってもらえない古いお金が、これで命を取り戻しました。
達成感。

娘が同じ誕生日なので、いつも脇役と言うか黒子と言うか・・・。
でも昨年は娘が手紙を書いてくれて、泣いて読んだ単純な母でした

どうでもよいことなのですが、私は空港の税関チェックで
引っかかったことが一度もないのです。貧乏旅行帰りでどれほど
汚い恰好をしていても。大学時代、一緒に米国に行った同級生が
筆箱の中まで調べられるのを見て、ノーチェックだった自分に不思議な思いでした。

「寛容な無関心」ご存知ない方のために・・・。イギリス人は
頼まない限りお節介をしてきません。頼むと本当に親切です。
でも、こちらから申し出ない限り、温かく見守ってくれるのです。
この距離感、私は本当に大好きです(実際は頼んで助けてもらってばかりですが)。

ここで報告するのも変なのですが、アマゾンの「『毒親』の正体」のレビュー、
2つともとても感動的です。
いつも「編集者だけでも癒されてくれれば」との思いで本を書いているので
(本書は、「誰も傷つきませんように」も強かったです)、すごくありがたいです。
http://amzn.to/2u2YUvy

________________________________________
2018年3月22日(木)

新刊『「毒親」の正体』、アマゾンで在庫切れになってしまいました。
1~2か月以内に発送、となんとも悠長なことが書いてありますが
もっと早くできるように新潮社さんが頑張ってくれると思います。
http://amzn.to/2ph8dCx

ありがとうございます! 娘は成人、私は50歳、と何とも言えない歳ですが、
50歳の恐怖(?)を迎える前に、「女に生まれてよかった」の本を書くことで
怖れを手放していたのでタイミングとしてはよかったです。

類書読みは、滅多なことがない限り必ずします。だいたい自腹なのですが、
今回は新潮社さんがたっぷり買ってくださいました。
満足できる類書があれば書きません。足りない視点があったり、
「決めつけすぎ!」と感じる時に書くようにしています。

ご紹介が遅れましたが、ウェブサイトの「エッセイ等」に、
新潮社「波」に書いた原稿をアップしました。
このテーマのデリケートさを共有できれば、という思いで書きました。
http://hirokom.org/news/shinchodoku.pdf
________________________________________
2018年3月23日(金)

そういえば今回機内で観た映画は、「ウィンストン・チャーチル /
ヒトラーから世界を救った男 」「ザ・デス・オブ・スターリン 」
テニス界に男女平等を提起したビリー・ジーン・キングの
「バトル・ オブ・ザ・セクシーズ」。何だかお里が知れますね。

明らかなトラウマ体験を持つ十代の子を、「境界性パーソナリティ障害」と
診断するなんて、日本の診断学はどうなっているんでしょう。
リストカット=境界性パーソナリティ障害みたいな浅知恵は本当に残念です。
もっと複雑性PTSDという診断に目を向けてほしい。
________________________________________
2018年3月24日(土)

DSM-IV(今は5の時代だが、IVの方が説明しやすいので敢えて使う)の
I軸診断(臨床疾患)を有する間はII軸診断(パーソナリティ障害)の
診断基準を満たすように見えても、I軸診断が寛解するとII軸も消える傾向、
というデータがある。パーソナリティ障害の診断は決して軽々に行うべきではない。

ある人から、私の顔には人を安心させる力がある、と言われて考えたが、
それは「相手からどう思われるか」をほとんど気にしないで
生きているからかもしれない。どう思われるだろう、
という不安や警戒心は、相手に安心をもたらさないに決まっているから。
________________________________________
2018年3月25日(日)

リアルな人間関係のよいところは、人間だれしも(自分自身もふくめて)
完ぺきではないと知ること。世界が大きく変わりますよ。

今日は、有資格者向けの対人関係療法の実践入門編だったが、
今後の普及を視野に入れ、名古屋と仙台に中継してみた。
機材をさらによくすればますます現実性が増す模様。
身を粉にしてIT技術を駆使して頑張ってくれている先生に感謝。
自己流などではなく、できるだけ均質性を保って普及するための工夫。

IPT研究会の世話人はもちろんそれ以外の方も、
「自分にできることはないか」と積極的に参加してくれるのが嬉しい。
IPTの質を落としたくないという気持ちも一緒。もちろん
変な派閥争いなどなく、気持ちのよい創造。
やっぱりIPT好きな人って温かいですね
_______________________________________
2018年03月26日(月)

明日(27日)の毎日新聞の夕刊2面に、ヘイトスピーチ等に
ついての記事が載り、その中で私も意見を述べています。よろしければぜひ。
_______________________________________
2018年03月27日(火)

す、すごいことです。16日に刊行したばかりの『「毒親」の正体』、
もう増刷が決まったとのことです。 http://amzn.to/2ph8dCx

ブラジルの精神科医から、日本ではどうやって対人関係療法の
トレーニングをしているのか、質問がきました。理事長から私に
聞くように、と言われたそうです。
非英語圏のトレーニングモデルを作っていることが
国際的に評価されるのは嬉しいです。
________________________________________
2018年03月31日(土)

自分が小3のときから、娘が小1になるまで教師不信が続いた私にとっても、
保育園の先生だけは別格でした。
公立認可、私立認可、認証、無認可すべてを体験しましたが、
いずれも「私たちがちゃんと見ているからお母さんは仕事を頑張って」という
姿勢で本当に感謝でいっぱいです。娘も20歳になりました。

娘小2、息子4歳のときに、米国に7か月間住んだが、保護者面談の日は
日本流に「いつも英語ができないうちの子が迷惑をかけまして」と言うと、
「読書の時間は担当の生徒に音読させています」と、先生は語学の
ハンディがある子にどれほど自分たちが機会を与えているかをむしろ釈明してくれた。

地元・麻布十番の公立認可保育園に息子が通っていた時、近くに
住む園長先生にしばしば会ったが、「いたずらばかりですみません
と謝る私に「頭がすごく回転しているわよ~。すごいわよ~」と
むしろプラスに話してくれたこと、一生感謝です。

自分は社交不安障害では?という方向けのワークショップを開きます

「対人関係療法でなおす 社交不安障害」(創元社)を読み、
「自分はこれかも」と思った方が対象です。
「病気って書いてあるけど、自分の場合は自分が弱いだけじゃないかな」と思う人も、大歓迎です。
(主催は、水島広子こころの健康クリニックとなります)

午前:社交不安障害についての知識の整理

午後:アティテューディナル・ヒーリング(AH)の体験を通して
他人とより楽で効果的な関わりができるようになるための練習
というプログラムになります。

ファシリテーターは水島広子(午後は安斉知子と共同)がつとめます。

参加要件としては、以下の3点を全て満たしていただく必要があります。

(1)     自分は社交不安障害だと思う人、あるいは、人との関わりが不安で仕方ない、という方。

(2)「対人関係療法でなおす 社交不安障害」(創元社)を
それなりに真剣にお読みいただいていること
(関連書籍として、該当すると思われる方は「『他人の目』が気になる人へ」(光文社)、「対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD」(創元社)も併せてお読みください。)

(3)「怖れを手放す」(星和書店)をじっくりとお読みいただき、アティテューディナル・ヒーリング(AH)の概念に触れておられること

もちろん、(2)(3)とも完璧な理解を求めるものではなく、
当日いくらでもご質問いただけます。
両方の書籍をご持参ください。

入手が困難な方は、clinic@hirokom.org  までご連絡ください。

日時:2018年9月2日(日) 9:30~16:30
(昼休み1時間、午前午後に短い休憩あり)

場所:水島広子こころの健康クリニック

地下鉄都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩4分
地下鉄南北線「麻布十番」駅より徒歩7分
地下鉄日比谷線「六本木」駅より徒歩11分
(参加者の方には地図をお送りします)

定員:約13名

参加費:19,440円(消費税込み) (簡単な飲み物とお菓子が出ます)

* 参加ご希望の方は、clinic@hirokom.org  までご連絡ください。
* お問い合わせはclinic@hirokom.org までお願いします。
* 受付担当のスタッフと、当日対応のスタッフは別の者になります。
* あくまでも治療行為ではなく、教育目的のプログラムですので、ご了解ください。
* 長時間のワークショップなので、カジュアルな格好でお越しください。
* 最少催行人数は10名です。10名に達せず、当日イベントそのものが
キャンセルされた場合、それまでお振り込みいただいた金額は
全額返金いたします(返金手数料のみご負担願います)。
* クリニックそのものは未だに待機患者さんが多く、新規の受付が
できていない状況ですのでご理解いただけますようお願いいたします。

NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断」に出演します

NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断」の、徳川家光について扱う回にインタビュー出演します。

おもしろい内容なので、ご都合がつけばご覧ください。

NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断 徳川家光」

2018年5月16日(水)20:00~ 放送
2018年5月22日  (火)23:45~ 再放送

2018年2月のツイートより

2018年2月のツイートのうち、反響の大きかったものを
抜粋してまとめました。
________________________________________
2018年2月2日(金)

今年は、3月福岡、4月穂高養生園、5月高松、とAHで
あちこち行くことにしました。
お会いできるのを楽しみにしています。
AHのウェブサイトはhttp://www.ah-japan.comです。

私が米国の男子刑務所でボランティアしていた「ワーク」の本
(バイロン・ケイティ著)「探すのをやめたとき愛は見つかる」が
12刷に。ファシリテーターにもよるが、男子刑務所の受刑者たち
一生懸命学び、「これでアンガーコントロールができるから刑務所
戻ってこなくてすむ」と自信を持っていた。

しかし、サンクエンティン男子刑務所で一定期間ボランティアさせ
いただいたのは収穫でした。
薬物だったり、怒りをコントロールできずに事件を起こしてしまったり、
という人たちばかりでしたが、すぐに心がつながりました。

米国の刑務所の中で活動するには、通常、ソーシャルセキュリティナンバーを
提出したりして登録するのですが、私の場合はパスポート。
何だか事務方が面食らっていたと聞いています。

______________________________________
2018年2月3日(土)

今日はAHの実践ワークショップでした。今日もたくさん笑い、温かい涙もありました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
AHの会場はなかなか暖まりにくく暖房しても寒い感じでしたが、
やはり終了時間頃になると、精神的な温かさと同時に、部屋もよい感じに暖まっているのが
いつも感心する点です。
やっぱり私たちの本質は温かいこころなんだなと。
________________________________________
2018年2月6日(火))

新刊「女に生まれて」について男性から「女性特有の難しさもあるのだと思いますが、
おっしゃっていることはほぼ男性にも通じるもの。 余計・過剰なものをより分けて、
自分への期待やイメージを適正にし、負荷を避けて、自分を尊重していく
水島さんのメッセージ、励まされる人が多いだろう」と。感謝。
________________________________________
2018年2月11日(日)

木曜日に取材を受けた女性誌の編集者さんとライターさんと話していたら、
みるみる二人のお顔が明るくなって、「歳をとるのが楽しみになってきました!」と
言っていただけた。
これからの私の役割は、そういうところにもあるのかな。
高齢女性のロールモデルは日本には極端に少ないので。

やっぱり患者さんを診ていると、「病気になるまで自分の力で頑張った」強い人だと思う。
そういう患者さんが、「すべては自分が悪い」とか「自分は努力が足りない」などと
っているのを見ると切ない。
________________________________________
2018年2月12日(月)

モラハラの本の原稿が書きあがった。これから直したり校正したりの作業に
入っていくので何月にお目にかけられるのか、まだわからないが、
モラハラの構造にもっと人が気づける役に立つ本になりますよう。
そしてセカンド・モラハラがなくなるためにも。
_______________________________________
2018年2月15日(木)

高1息子の身長の伸びが気になって、「柱に印つけるからここに立って」と頼んだら、
「適当につけといて。だいたいそれやるなら、もっと前でしょ」と
しごくもっともな答えが返ってきた。
手足が大きいからそのうちぐんと伸びるはずなんだけど。
________________________________________
2018年2月16日(金)

ありがとうございます。光栄です。
ただ、「暴力的な平和運動」「差別的な差別撤廃運動」など、リアル政治は
手段やプロセスではなく、結果のために「例外なんでもあり」の感じがします。
リアル政治を脱してAHで頑張ろうと言うのは、心の底からの賭けで、
負けないつもりなんです。
https://twitter.com/j1j2qqm/status/964320784985464834
________________________________________
2018年2月17日(土)

アメリカに住んでいた時よく利用していた近所の図書館。子どもの絵本とかを
よく借りていました。今でもお知らせメールが時々届きます。
もう関係ないから配信停止にしようかと思いつつ、子どもたちと
読んだ絵本とかが懐かしくて、メールをもらうとほのぼのタイムにしています

長いこと使っていたヨガマットがついにツルツルになって踏ん張れなくなった。
土壌に戻る自然素材、ということで買ったものだが、地面に置いておくのも
なんか変、というかあり得ない。ゴミで出すしかないんだろうな。

図書館に関しては嬉しい思い出が。米国在住中は住所があったので
利用券が簡単にできた。
その後一時的に渡米した時に「今こちらに住所がないのだけれど…」と言ったら、
「あなたは利用券を持っている。そして本を借りたい。それ以上に何が必要なの?」と。
もちろん絵本を借りました。
________________________________________
2018年2月18日(日)

今日は気分変調性障害をもつ方のワークショップだった。初の試みだったが、
結果は「ものすごくよかった」。
やはり気分変調性障害とAHの組み合わせは、思った通りよかった
定例化したいと思っています。皆さん1日お疲れ様でした。

今日のワークショップに参加してくださった気分変調性障害の方たちは、
今日一日で何かしら「物心ついてから初めて・・・」のプラスの体験を
されたのではないかと思う。ゼロが1になるのは全然違う。
「まだ1だから…」と自虐しないようにしようと思えるのも「物心ついてから初めて…」かも。
________________________________________
2018年2月20(火)

ヨガマットを新調してみたら、あまりにも踏ん張りがよくて、
「私は今までツルツルのマットで何を格闘していたのだろう」と気が抜けた。
こういうのって、臨床にもよく見られる気がする。

著書『「苦手な人」とのつき合いがラクになる本』が、台湾の会社によって
中国語に訳されるそう。へーえ、という感じ。
ちなみに販売は、中国以外全世界だそうです。 http://amzn.to/2BDRb9A

韓国や台湾に私の著書の訳書が出ていて、それも比較的人気があるらしい。
台湾はデング熱関係で難しくても(もちろんその前に行ったことはある)、
韓国にはいつか見に行かなくちゃ。最後に韓国に行ってからどのくらいかな。

人のミスを、怖れを載せずにどう指摘するか。
米国に住んでいた時、私は子どもの権利について演説していて、
guardian(保護者)というべきところなぜかgardner(庭師)と言っていた。
何回か繰り返した後に、親しく優しい友人が耳元で「guardian」と囁いてくれた。
恥ずかしさよりも温かさが残った。

息子愛用のルービックキューブ。使いすぎて色の面が剥がれてきた
白い面がやけに増えてしまった。もともとの白と判別不能。
こんな情報を沈黙型反抗期の高1息子が教えてくれると母親はものすごく嬉しいのです。

新潮社って、週刊新潮のイメージが悪すぎて(私など、取材を受けてもいないのに
コメントが載せられていた)敬遠していたけれど、
考えてみれば私が思春期に読んだ本の多くが新潮文庫だった。
今回新潮新書で仕事をして、新潮社の「本格派」の部分に触れた気がする。よかった。

私が日本人はもっと自国の文化に誇りを持ってよいと思うのは、特に姓名のこと。
日本人は平気で「シンゾー・アベ」と名乗るが、英語メディアでは毛沢東も
「マオ・ツォートン」で姓名の順。私の英語名刺も姓名の順。
今日新聞でペルー人の記事を読んでいて、本当にどれが姓なのかがわからず混乱した。

「日本人は姓名の順で名乗るので、英語表記のときにもそうしてください」
くらいのことを、いわゆる「右翼」の人たちはどうして言わないのだろう。
それがかなわないなら、日本のルールで、「トランプ・ドナルド」だ。
「右翼」の皆さん、微力な私に代わって頑張ってください。

役割終了のヨガマット、小さく切ってみたら結構ナイスなマウスパッドになった。

日本が誇れるものは本当はたくさんある。
以前日本に住んでいた米国人研究者が、「日本は時給が安い職場でも丁寧に
仕事をするからすごい。スタバとかマックとかの店員の態度がよい
労働問題として見れば賃金の話に突入するのだろうが、どんな条件でも誠実に、
は美徳だと思う。

私が19歳のときに3週間ほどホームステイしていたカナダのホストマザーは、
「うちの子(当時上が8、下が5)は将来日本に行かせるつもり。
礼儀作法を学んでほしいから」と言っていた。その甲斐あってか(笑)、
上の子(娘)は日本人男性と結婚しました。

今日はたくさんツイートをしましたが、決してヒマでサボっていたわけではないのです。
昨夜まで文庫化に向けてのリメイク作業を根を詰めてやっていたのです。
文庫化される本は「いつも忙しいがなくなる心の習慣」
。文庫の出来の方がずっとよいので、親本「いつも忙しい~」は買わないでくださいね。
________________________________________
2018年2月21日(水)

さて、今度は専門書の翻訳作業に入りました。いつ寝られることやら。
ね、サボっていないでしょ。(と言ってみたかったんです)

(1)     そろそろ非定型発達(一部が発達障がい)についての本を書かなきゃな、
とは思っている。私が出会うのは、慢性うつや摂食障害などで治療に来られた
結果非定型発達であることがわかる方、あるいは「どうしてこの患者さんは
よくならないのだろう?」と調べると親が非定型発達だったり。

(2)     一方、世の中に出回っている本は、やはり子どもの発達障がいの本が多い。
大人になってマルチタスクを要求されるようになる時、人とパートナー関係を
築くときの大きな課題を開設した良書はまだ見たことがない(パートナー関係は若干よいのがある)。

(3)     3月16日刊行予定の「毒親」の本には、それなりにかみ砕いて書いてみた。
あくまでも私が臨床の場で説明することの範囲にとどまるが、一部の人の役にはたつだろう。
モラハラの本にもちょっと書いた。

今まで「他の本は全部先生(私)のをバイブルにしているけれど、
非定型発達の本がないので困っています」とよく言われた。
どうしても専門が対人関係療法で、それはコアなASDの人には全く向かない治療なので、
自分ごときが書くのも、と躊躇してきた。

でも、多くの生きづらさの背景に非定型発達がある。そして、それは身近な人を苦しめたり、
職場不適応を起こす。「ご高説」を授けるのではなく、自分が臨床で診た範囲で書こうかな。
パートナー関係にはかなり自信があるし。

本当、考えてみると、非定型発達の本って、子ども向けのものか、
「職場でこんなに迷惑をかけている」系の本ばかりが目立つ。
本人にも周りにも優しい本があったら、私が教えてほしいくらいだ
_______________________________________
2018年2月23日(金)

「うつ病というのはもっと重い人のことを言うのでしょう?」
「トラウマってもっと大変な体験をした人のことを言うのでしょう?」と
診断にチャレンジしてくる人は、まず間違いなくうつ病でありトラウマである。

もう人生において二度としないと決めていた翻訳、兄貴分のマーコウィッツが
PTSD用対人関係療法の本を出したので、結局現在監訳中というか翻訳中。
私が訳さなかった本は著者から「どうして私のだけ訳してくれなかったの?」と
結構責められる。でも翻訳版権がすでにとられていたら何もできない。

学童期用の「IPT-FB」のマニュアルの本もそろそろ出版される頃で、
私は著者から「連絡するから訳してね」と言われている。
やりたいけれど、時間が…。今回から下訳をお願いしているのでだいぶ楽だが、
結局は原文を読んでしまい、時間がかかる。

こんな時間にしか翻訳作業ができないのでポツポツやっているが、ツイッター上で
反応してくれる人は、まだ起きているのだな。よかった(私にとっては)。

人をインスパイアする女性を、「ヒーロー」ではなく「シーロー」と呼ぶそうな。
自分自身がシーローとして、自分に影響を与えたシーローを紹介する、
というイベント。本もたくさん展示されているそうです。https://goo.gl/JssYPd

いつも取材とかで言われるのが「普通は、誰か(患者さんも含めて)との出会いを機に
人生が進むものですが、水島さんは自分の頭の中でそれを進めているんですね」ということ。
実は今回自分の「シーロー」を考えたとき答えは「いない」だったが、
衆院議員への道を作ってくれた小宮山洋子さんにした。

私の本がよく「わかりやすい」と言われるのは、私自身が考えながら本を書いていて、
理論の飛躍があるようなところは真剣に考えて書き直すからだと思う。
「勢いで(あるいは流れで)読み飛ばしてもらおう」とはゆめゆめ考えたことがないし、
それでは執筆がつまらない。

あら、気づいてみたら40代でいる日が、もう1か月もないではないか。
この前の取材では「アラフィー」という言葉を学び、「アラフィフ」と同様に
使われているとのことだが。
誕生日が娘と一緒なので、私はいつも脇役。
でも先日刊行した「女に生まれて」を執筆して以来、加齢が怖くなくなった。

慶應MCC定例講演会『夕学五十講』で講演することになりました
詳細は http://kae.me/fHmkV4

50を前に思うこと。「女に生まれてよかった」にも書いたが、
若さって結局は「現役感」だと思う。若作りとは違う。
何歳であっても、幸せになる権利に基づいて、現役でいることが大切なのだ。
これが今の私の結論。

そう考えると、加齢って、DOからBEへの転換の最高のチャンスかも。
できることは減ってくる。でもそんな自分にも穏やかでいられたら
死ぬ時まで幸せでいられるような気がしてきた。穏やかの一部は、
もちろん、現役感、つまり「今生きている」という感覚。加齢が楽しみ。

なんか、前もツイートしたことがある気がするけど
(もうじき50だから許してくださいね)、海外にはすてきな
ロールモデルとなる高齢女性がいる。
でも日本ではまずお目にかからない。
文化的背景などはわかるが、私たち一人一人が、ロールモデルになれるよう、
素敵に生きたいですね。
________________________________________
2018年2月24日(土)

結局今日もこんな時間に監訳(翻訳)をしているが、私にとっては
英語も著作と同じで、適当に流すことができない。
帰国子女でもなく留学経験がない、「ちょっと英語が得意な日本人」としては
重い仕事だが、IPTのスピリットを吹き込み、変な訳語を使われないように頑張ります。

ちなみに今訳している本の著者ジョン・マーコウィッツは私のIPTの兄貴分。
コロンビア大学の教授だが、とても優しい人で、あるとき、
「君の発言を聞いていると、まるで英語が苦手だと思い込んでいるみたいだね。
そんなことは全然ないんだよ。本当に上手だよ」と言ってくれて涙

________________________________________
2018年2月25日(日)

厚労省の裁量労働制に関する資料問題。あまりにも杜撰すぎて、
ミスではなく意図的なものなのかも。
仮に官邸との関係があったとすれば、忖度? 圧力?
だって厚労省の人ってそれなりの能力がある人でしょう?

厚生労働省については、職員数のわりに仕事の量と種類が多すぎるから
ミスが多発するという話を聞いたことはあります。
でも、そもそも質問の前提が違う結果を比較するというのは、
ミスと言ったら甘すぎるくらいだと思います。

今日も遅い時間は暗~~く監訳(翻訳)作業中。どこかで腹をくくらないと、
ずっと取りつかれそう。今度こそ、最後の翻訳にしてやるぞ。
________________________________________
2018年2月26日(月)

「いつも時間がない」を文庫化してブラッシュアップした「焦り」の本、
初校を戻しました。変なお願いですが、文庫の方が絶対にお勧めなので、
「いつも時間がない」は買わないようにしてくださいね。
(今後、という意味で。すでに買ってくださった方には感謝です)

本日も、夜が更けてきたので監訳(翻訳)作業。日中は校正、
残りの時間で新しい本の原稿書きをやっていた。この「区切り」は
今日校正を送った「焦り」の本に関連するのだが、私がもしも翻訳だけを
一日中ダラダラやっていたら、全体にできる仕事の量も減るだろうし、
そもそもそんな人生は嫌だ。

今日の監訳(翻訳)で、全体の10分の1は終わった。
まだ元気は多少あるけれど、ここでガツガツやると必ずよくないことが起こる。
というわけで、残りの10分の9は、また明日の夜から。
もう少ししたらヨガしてリラックスして寝ます。
________________________________________
2018年2月27日(火)

先日開催してとても好評だった、自分は気分変調性障害かもしれない方向けの
ワークショップ、6月にも開くことになりました。
詳細は http://bit.ly/2F9yY5Q 申し込み受付中です。

なぜか昨日まで気づかなかったが、トライしてみた「怖れの眼鏡」のリメイク、
免除していただけた。
相当真剣に考えたのだが、やはり10年近く前に書いたものを、
ちょこっとリメイクというのは不可能。
それなら新刊を書く方がずっと楽。
楽しみにさせるようなことを言って失礼しました。新刊頑張ります

文庫化中の「焦り」の本、希望通り『焦りグセがなくなる本』と
決定したようです。
気に入らないタイトルの本は売れない、という思い込み
(でもだいたいそうです)がある私は、希望のタイトルになってよかったです。

私も「闘う」には葛藤的な要素を感じて、使用しないようにしています。
ソラさんがおっしゃる通り、自分に取り組むっていうことか
な、と。
取り組むのは癒しの方向で(怠けるという意味ではなく)。
政治でも、「皆さんのために戦います!」「正義のために戦います!」と
言われてしまうと、萎えてしまう。
方向は戦いの方ではないのに。
それぞれの心が本来持っている力を発揮させていくことが政治だと思う。
選挙から撤退した理由の重要な一つ。

枝野さんには、戦わないでほしい。「まっとうな政治」を、賢い頭脳で、
まっすぐに訴えてほしい。私たちが安心して将来に向かえるように
これは年金額とかの問題だけではなく、精神性の方が大きなテーマ

私はあらゆる戦争や残虐行為が、広い意味で「自衛」のためだと思っています。
そういう時代を終わりにしたいのです。

枝野さんをほめても何ももらえませんが(笑・むしろ献金しています)、
震災のときの働きぶりを見て「口だけの人」とは思わないでしょう
個人的によく知っているからこそ、自信をもって言えます。

何度も繰り返してうるさくてすみませんが、今年はたくさん執筆す
予定の年です。
そのテーマも、3月の「毒親」にはじまり、モラハラ、そして今は「ゆるし」に
取り掛かりました。みんな巨大なテーマです。
というわけで、お小遣いをためるか、図書館活動をお願いします!
ぜひ読んでください。感想も。

今日も夜中の翻訳に入りますが、今日は家の用事が多いのもあり
(子どもがらみ)、いつもほどはできません。でもここで「今日はやめた」ではなく
「一段落でも」と思うのは大きな違いです。
って、そういう段落に限って、難しい統計用語が出てくるんですけどね。

あれ、リプライしようと思ったら消えてしまった?
(単なる私の見過ごし?) 戦うとまっすぐ伝えるは、エネルギーが違います。
戦いは怖れのエネルギー、まっすぐ伝えるのは愛のエネルギーでできます。
このあたり、AHに詳しい人はわかりやすいと思います。怖れの中には当然「自己正当化」も。
________________________________________
2018年2月28日(水)

『「毒親」の正体』校了しました。あとは3月16日の刊行を待つのみです。

さて、今日も翻訳の時間。毎晩の遅い時間、と習慣づけたことによって、
少しずつ進んでいます。
昨日は高度に専門的な統計部分があり、念のため著者(私の優しい兄貴分です)に
メールで確認したら、なぜかガラパゴス諸島にいました。
もちろん丁寧に教えてくれました。

専門書の翻訳は、緊張を伴うし、自分の著作を書くほどの自由度がないので、
はっきり言って避けたい仕事。
さらに印税はほとんどなし。近年では印税辞退しないと出版もしてもらえないほど。
知的な本が売れないってどういう国? と心配になる。

日中:診療あるいは執筆あるいはワークショップ、早い夜:執筆、遅い夜:翻訳、
というのは頭の疲れ具合を考えても結構よいスケジュール
だと思う。
もちろん十代の子が二人いるので、彼らの乱入は最優先。娘なんか時々1時間くらい悩みを訴えていく。
でもそれで楽になるみたい。

【新刊】『「毒親」の正体 精神科医の診察室から』を刊行しました

とてもデリケートな内容なので、執筆後、出版するかどうか2年も迷った本です。
でも自分が臨床現場で気づいたこと、役に立ちうることは伝えたい、という思いで刊行しました。

新潮新書 778円(税込み)

内容紹介
ちょっとしたことで母親はAさんを全否定する。身体を引きずり回し、家から閉め出すことも数知れない。なぜ母は私を苦しめるのか。苦しむAさんに精神科医は意外な答えを示した。「お母さんは、発達障害だと思います」──。不適切な育児で、子どもに害をおよぼす「毒親」。その被害を防ぐカギは診察室にあった。臨床例から彼らの抱える四つの精神医学的事情を解説、パターン別に厄介な親子関係を手放す指針を明らかにする。

(目次)

はじめに
診察室でわかる真相/ 患者さん本人の同意/ 「毒親」認定の功罪/精神医学的事情という視点/ 「絶縁」では解決しない/ Aさんの克服と割り切り/親を悪く言わない子どもたち/ 本書についてのお願い

第1章 「毒親」は子どもを振り回す
虐待イコール「毒親」?/ 愛着スタイル/ 「安定型」の強み、「不安型」の弱み/心の病を発症しやすい/ 「一人っ子」はきつい/ 子どもには「うちが普通」/「親のせいにするのか」という批判

第2章 「毒親」の抱える精神医学的事情
混乱させる「専門家」たち/ Aさんを邪魔していた「ストーリー」/(事情1‐1)発達障害タイプ──自閉症スペクトラム障害(ASD)/ 「心の理論」なしの子育て/ 衝撃が「烙印」のように/ 母親がASDの場合、父親がASDの場合/「子どもだから」が分からない(事情1─2)発達障害タイプ──注意欠陥・多動性障害(ADHD)/ 「注意の部屋」とパニック/ 「話し合ったのに、またやられた」/ あちこちにメモを貼る/ マルチタスクができない(事情2)不安定な愛着スタイル/ 「君がいなければ生きていけない」/ 発達障害タイプか、愛着スタイル問題か(事情3)うつ病などの臨床的疾患/ トラウマ関連障害/ 「誰だって苦労している」「弱音を吐くな」/ アルコール依存等(事情4)DVなど親の置かれた環境/ 「あなたがちゃんとしないと、お母さんがいじめられる」/ 親になる心の準備不足/ 「圧倒的に余裕がない」Fさんの母親/ 親の親も「毒親」/ 子どもより「宗教」を優先/ 「毒親」を治療の場に呼ぶ

第3章 「毒親」の子のための5ステップ
(1)「自分は悪くなかった」と認める/ 「蒸し返す」本当の意味/
(2)「怒り」「混乱」を受け入れる/
(3)親にも事情があったと認める/ 「先生はどっちの味方なんだ」/
(4)親にできることを整理する/
(5)現実的なつきあい方を考える/ 要望は手紙で伝える/ 48時間を限度にする/第三者への相談が必要な場合

第4章 「毒親」問題を手放す
「我慢する」と「手放す」の違い/ 「ゆるす(手放す)」ということ/ 自分自身を「ゆるす」/ 患者さんたちの我慢強さ

第5章 不安定な「愛着スタイル」を変える
自分の「愛着スタイル」を癒す/ 「安定型」の人と接する/ 他人に手を差し伸べる/母親になる、父親になる/ 人間関係は「等距離外交」で/ 自分のスタイルについて説明する

第6章 こじれる母娘問題の「女」について
「毒親」ワークショップ/ 「女対女」の構図/ 患者Hさんの抵抗と納得/ 父親は「嫌い」で済むのに/ いわゆる「女」の嫌な部分/ 母親は息子が大切?

第7章 「毒親」とされた親御さんへ
行動上の「非」を認める/ 子どもを主体に考えてみる/ Iさんが得た安心/
まず子どもの話に耳を傾ける/ 自分に「苦手」があると認める/ ひどい攻撃を受けている場合/ Jさんの適度な関わりと「招待」

第8章 「大人」として親を振り返る
「大人になること」とは何か/ 反抗期を「選択」しなかった/ 今からできる「反抗期」/ 親を人間として「知る」

あとがき

アマゾンで購入する方は  http://amzn.to/2ph8dCx

【定員埋まりました】自分は気分変調性障害では?という方向けのワークショップを開きます(6月)

自分は気分変調性障害では? という方向けのワークショップを開きます。
先日開いたところ、大変好評をいただいたものです。
初めての参加、繰り返し参加、どちらも大歓迎です。

——————————————————-

「対人関係療法でなおす 気分変調性障害」(創元社)を読み、
「自分はこれかも」と思った方が対象です。
「病気って書いてあるけど、自分の場合は自分が悪いんじゃないかな」と
思う人も、大歓迎です。
(主催は、水島広子こころの健康クリニックとなります)

午前:気分変調性障害についての知識の整理

午後:アティテューディナル・ヒーリング(AH)の体験を通して、
本人とより楽で効果的な関わりができるようになるための練習

というプログラムになります。

ファシリテーターは水島広子(午後は安斉知子と共同)がつとめます。

参加要件としては、以下の3点を全て満たしていただく必要があります。

(1)自分は気分変調性障害だと思う人、あるいは、「もしかしたら」と
思っていること

(2)「対人関係療法でなおす 気分変調性障害」(創元社)を
それなりに真剣にお読みいただいていること
(関連書籍として、該当すると思われる方は「『他人の目』が気になる人へ」
(光文社)、「対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD」(創元社)も
併せてお読みください。)

(3)「怖れを手放す」(星和書店)をじっくりとお読みいただき、
アティテューディナル・ヒーリング(AH)の概念に触れておられること

もちろん、(2)(3)とも完璧な理解を求めるものではなく、
当日いくらでもご質問いただけます。
両方の書籍をご持参ください。
入手が困難な方は、clinic@hirokom.org  までご連絡ください。

日時:2018年6月17日(日) 9:30~16:30
(昼休み1時間、午前午後に短い休憩あり)

場所:水島広子こころの健康クリニック

地下鉄都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩4分
地下鉄南北線「麻布十番」駅より徒歩7分
地下鉄日比谷線「六本木」駅より徒歩11分
(参加者の方には地図をお送りします)

定員:約13名
参加費:19,440円(消費税込み) (簡単な飲み物とお菓子が出ます)

* 参加ご希望の方は、clinic@hirokom.org  までご連絡ください。

* お問い合わせはclinic@hirokom.org までお願いします。
* 受付担当のスタッフと、当日対応のスタッフは別の者になります。
* あくまでも治療行為ではなく、教育目的のプログラムですので、ご了解ください。
* 長時間のワークショップなので、カジュアルな格好でお越しください。
* 最少催行人数は10名です。10名に達せず、当日イベントそのものが
キャンセルされた場合、それまでお振り込みいただいた金額は
全額返金いたします。

* クリニックそのものは未だに待機患者さんが多く、新規の受付が
できていない状況ですのでご理解いただけますようお願いいたします。