2018年1月のツイートより

2018年1月のツイートのうち、反響の大きかったものを抜粋してまとめました。
________________________________________
2018年1月1(月)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。半年がかりで取り組んできた
プロジェクトに動きがあった(というか、アメリカの休暇シーズン
終わったため進んだ)ので、今年は幸先がよいように思います。
______________________________________
2018年1月2日(火)

「ゆるし」についてはすでに2回ワークショップをしていますが、
どちらも好評でした! そろそろ「ゆるし」も執筆に入ろうと思っています。
あ、まずはモラハラから。こういう、やる気のあるときは時間が足りなく感じますね。

そう言っていただけるとすごく嬉しいです。著者としては
「同じテーマで二度は書かない」「文章は自分で書く」
(ライターさんとかに頼まない)が絶対的な信条なので、
書くことは私にとっても頭の整理や新たな気づきにつながります。
________________________________________
2018年1月3日(水)

IPT研究会のワークショップに出るわけでもなく、
海外の学会やワークショップで会うわけでもない人が
「IPTをやっている」と聞くと、ナワバリ意識はないが、
その人が提供する「IPT」がIPTだと思われてしまうこと
を懸念している。
つまり、効く可能性を感じられず治療に絶望をもたらしてしまうこと。

昨年は混乱した環境の中、私もいろいろ混乱して、
ある会社で約束したテーマを別の会社で出版の確約をする、
などとんでもないことがあった。でもそんな中の補充(?)テーマとして、
「大切な人を亡くす」ことについて書くことが決まった。
そろそろ書けると思っていたテーマなので、よかった。
________________________________________
2018年1月4日(木)
新刊「女に生まれてよかった。と心から思える本」を朝日新聞出版より
刊行しました。嘘偽りのない(?)内容です。
アマゾンではこちらです。 http://amzn.to/2CrRzst

本日から診療、確定申告に向けて帳簿が最も忙しい時期、
連載原稿あり(もちろん本も)宿泊出張あり・・・というときに
「年賀状の返事を7日までに出さないと10円切手を貼るべし」という
決まりがあることを本日新たに知った。
年賀状応援団の私も、さすがにやる気が失せた感じ。

「女に生まれて・・・」の企画は当初、「品格」についての本を
目指したものだった。でも本当の「品格」とは「べき」で
リストアップして見習うものではない、と考えながら
書いていたらこんな本になった。  http://amzn.to/2CrRzst

私も長い間、男に生まれていれば・・・と思ってきた一人です。
この本は、「男より女に生まれた方がお得」的な本ではなく、
書きながら「女っていいよなー」(色気が通じるとかそういう意味ではなくて、
ですよ。今どきは色気が通じるイケメン君もいますし)と腑に落ち
自分のために書いたような本です。

やっぱり患者さんを診ていると、「病気になるまで自分の力で頑張った」
強い人だと思う。そういう患者さんが、「すべては自分が悪い」と
「自分は努力が足りない」などと言っているのを見ると切ない。
________________________________________
2018年1月9日(火)

よく「お嬢様育ち」とか言われるけど、父が深刻な病気で働けなかった
こともあり、全然違います。お小遣いは、小学校1年生ならひと月10円、
二年生なら20円。
おもちゃは全部近所の人からのもらいもの(リカちゃん人形ですら!)
こんな境遇に置かれれば、多少「ずる」はしないと生きていけませんでした。
_______________________________________
2018年1月10日(水)

だんだん恒例の行事になってきました。
ぜひ、養生園の豊かな自然、おいしいマクロビ食、温泉、
ハーバルサウナを楽しみながら、AHを満喫しましょう!
養生園のハーバルサウナはサウナ嫌いの私が皆さんにお勧めする
スグレモノです。
https://twitter.com/tomokoko513/status/950921833783574528

位置づけとして、「女子の人間関係」は女性対女性(あるいは男性)の
関係を、そしてこのたび刊行した「女に生まれてよかった。と心から思える本」は、
「女性であることと自分」の関係を書いてみました。
「べき」に縛られない大人の女になれるように。

栃木で「どぶ板選挙」をやっていた私は、それまでほぼ未経験だっ
餅つきが大変上手になりました!

そういえば大学時代、日本に遊びに来ていたイギリス人学生に
「British Engish」と言ったら「そんなものはない。イギリスのものなのだから
Englishしかないんだ」と叱られ、居酒屋に連れて行って「日本のパブ」と言ったら
「本当のパブを見せるからイギリスに来い」と。後日実現しました

私がよく患者さんに言うこと。「人間はなぜ生きなければならないのだろうか」という
感じの悩みは、うつの症状だと思います。なぜなら、
治ると現実生活に充実感が出てくるので「そんなこと考えても仕方ない」になるからです。
闇をいくら探しても闇しかないのです。どうぞ光に触れてください

だから私は「人はなぜ生きなければならないのか」に正面から答えたことは
ありません。ただ、「治る病気だし、私が責任を持って治すから。
治った時には、そんな哲学的なことは考えなくなるから」と言うだけです。
________________________________________
2018年1月11日(木)

誤解されると困るので。患者さんの多くが、「考えすぎ」「気にしすぎ」と
言われています。
それは、苦しい症状を、考えることで何とかしようとしている患者さんなりの
努力なのです。
「時間があるから考える」のではなく「辛いから、考えることで
何とかしようとしている」のです。
________________________________________
2018年1月12日(金)

3月刊行の「毒親」の本(新潮新書)、校正にはいりました!

今日乗ったタクシーは、運転手さんがメーターを入れ忘れて、なん
南青山から麻布十番まで、410円だった! あまりにもびっくりして
「領収書さえいただければ相応のお金は払いますよ」と言ったが、
それがシステム上できないことと、「まあ今年は運がいいからお客さんにも
分けなきゃね」。ほのぼの。

明後日は細川貂々さんに会います。次の仕事の打ち合わせです。
今度はどんな本ができるでしょう。それ以前に、貂々さんと会えることが楽しみです!
________________________________________
2018年1月13日(土)

3月刊行予定の「毒親」の本の校正が一段落。昨日も4時まで仕事していた。
過去の本のリメイクとか(みんな刊行日を勝手に決めるんです(涙))新しい本もあるし、
しばらく地獄が続きます。

ようやく「毒親」初校校正が終わりました。3月16日発刊みたいです
(極秘情報だったらごめんなさい)。
「毒親」については、以前、私のツイートでは珍しく炎上しました
字数制限のあるツイッターではわかりにくく人を傷つけたのかな、
削除しましたが。炎上した方、ぜひ読んでくださいね。詳細後日。
________________________________________
2018年1月15(日)

貂々さんと一緒に、昨日、今日と仕事だったので、今日が月曜日で
一週間の始まり(一般に)、というのがどうもピンときません。また、
あまりに楽しい仕事だったので、仕事というのもピンとこないかも・・・。

貂々さんと食事をすると、私があまりにもたくさん喋るので、
貂々さんの方が早く食べ終わるということに気づいた。
________________________________________
2018年1月18日(木)

本、読んでいただきありがとうございます。
「女に生まれて」で言えば、「女子力の高さを諦める」のと
「女子力が自分の価値を決めるという概念を手放す」ので明らかに違いが
わかると思います。前者は自己肯定感を下げ、後者は自己肯定感を上げます。
結構頑張って書いた本です。

やりたいことが沢山あるのに、今は、クリニックの隣家のリフォーム工事中に
うちのミラー(これがないと車を出せない)がなくなり、新しく取り付け、
さらにそのミラーが打ち捨てられていた清掃事務所から「お宅のミラー
なら処分料を払うべし」と言われている。面倒。悪いことしていないのに。

一応警察に相談して「どうしたらいいんでしょう」と尋ねたら
「弁護士」と言われた。
でもミラーの処分料よりも弁護士の着手金の方がけた違いに高い。
区役所の無料法律相談も勧められたが、そういうことに時間を使いたくない。
対応してくれた警察官も苦笑しながら同情してくれた。まあいいか
_______________________________________
2018年1月19(金)

もともと口喧嘩にめっぽう強かった私は、筋が通らないことが基本的に嫌いだ。
今回うちのミラーが盗まれ、さらにはそれが打ち捨てられていた
清掃事務所に処分料を請求されたことは、明らかに被害的。
でもあと何年生きていられるかわからないし、残された人生を平和な心で
過ごしたいので、手放した。
________________________________________
2018年1月20日(土)

明日の講演に備えて沖縄に来た。やはり暖かい。よほど疲れていたらしく、
飛行機に乗るとともに眠りに落ち、起きたら那覇だった。
読まなければならないものとかたくさん持って来たのに…

普段はビジネスホテルばかりだからあまり気にしていなかったが、
今回は主催者側がリゾート系のよいホテルを取ってくれた。
そうしたら日本語が案外通じない! もちろんホテルの人は大丈夫だけど、
浴場でちょっとしたことをその辺のおばちゃんに質問したが
多分ハングル語ばかりで全然分からず。
________________________________________
2018年1月21日(日)

普通のスーツでも汗ばむ沖縄から、ダウンコートが手放せない東京
ようやく帰ってきました。800人くらいの会場いっぱいの聴衆の方に、
できるかぎり気持ちが明るくなる、また役に立つお話をできたよう
な気がしています。沖縄の天候はとても心地よく、よい週末になりました。

実は講演の第一部はタレントの麻木久仁子さん。わざわざご挨拶に
来てくださいましたが、テレビでみるより細く小柄でした。
とても感じのよい方でしたよ。

「女に生まれて」の本とも関係するテーマですが、私は今回、
「どこまで赤の他人を頼れるか」を道中実験してきました。
人に質問するのは当然のこと(変な質問でも)。飛行機を待っている間に
隣席の人に「今からトイレに行くので荷物を置いていきますが、
不審物でないのでよろしくお願いします」も成功。

勇気を出せば人の温かさに触れる、というのは本当にそうだと感激した。
歳と共に、人は案外優しいことを実感してきたこと、また、
自分自身の自己肯定感が高まって、「このくらいのことはお願いしてみよう」と
思えるようになったことが大きいと思う。
いわゆるオバタリアンとはちょっと違うのだが。

那覇の空港で、待ち合わせ場所にうまく現れなかったらしい子ども(3歳くらい?)の
母親が子どもに異常なほど感情的に何度も何度も怒鳴って子どもを責めていた。
私の定義では虐待。二人の周りを何周か歩いて、母親の注意を喚起しようと
思ったけれども、効果なし。皆さんだったらどうしますか?
________________________________________
2018年1月22日(月)

ちなみに、変な質問だと思うときは、「変な質問なんですが」と前置き。
相手が「いえいえ、どうぞ」という場合や、一緒に笑ってしまうこともあるが、
今のところ無敵。
________________________________________
2018年1月23日(火)

先日刊行した「女に生まれて」の本、ダ・ヴィンチニュースでと
りあげていただいています/ 女性は「商品」じゃない!
「…べき」を手放し、女性である自分を好きになれる“心のレッスン”とは?
| ダ・ヴィンチニュース https://ddnavi.com/review/431536/
________________________________________
2018年1月24日(水)

こんな内輪の話は書くだけでも気が咎めるが、やはり一応書いておきたいと。
「女に生まれてよかった」は、本来「大人の女になるための〇〇箇条」的な
タイトルを提案していたんです。
でも帯にブルゾンちえみさんの推薦文がもらえるかも、と聞いて、
それもよしと思ったのですが、結果としてもらえず。

なんでそんな内輪の話を? 困る人もいるでしょうに、と思う方は
当然いると思います。ただ、個人的に、事情がわからないことが大嫌いなので、
「何このタイトル?」と思った方用に。

以前出演したNHK「Rの法則」、嫉妬についてが、2月7日(水
18:55~19:25に再放送されることになりました。
まだご覧になっていない方、ぜひご覧ください。

書きたい本がたくさんある(書かなければいけない、ではないところがポイント)し、
いくつもの企画も進んでいるのに時間がない。3月には50歳になるわけだし、
生活の抜本的な改革をしようかな。

もっと自然の中で過ごしたいし、書きたいものを書きたいし、
そういう時間を捻出するために、対人関係療法の研究会を次世代につなぐ努力を
始めたところ。研究会自体すごく好きなんだけれど、なにしろ準備が大変で。
AHはもっと進化させたいけれど、やめるつもりは全くありません
________________________________________
2018年1月25日(木)

著書『「自分の居場所がない」と感じたときに読む本』の翻訳のオファーが
北京から来たそうです。台湾、韓国、タイ、と「そこそこ」の国の時よりも
ずっと驚いています。検閲されて困ることは書いていないつもりだけれど。

大学時代、慶應医学部の日中医学生交流協会の派遣団の一員として夏を中国で過ごし、
中医を学んだり現地の学生と交流したりした。
「自分の居場所がない」どころか、人を押してぐんぐん活力に満ちて生きていた。
いつの間にか私の本が必要な国になっちゃったのかな。
_______________________________________
2018年1月26日(金)

先日麻布十番で顔から転んだため、右眉が半分なくなってしまった
傷を残さないために、クイックパッドを右目上の傷に貼り、さすが
剥がさなければいけない日に剥がしたら、その強力さゆえに右眉の右半分が抜けて
しまったのだ。
さすがに眉をかかないと、の状態だが化粧する習慣がないのでよく忘れる。

メイクどころか、いわゆる「基礎化粧」もしていないのですが、
自分なりにそのプラスの効果を感じています。まだ十代の頃、基礎化粧を
してみたのですが、一週間で「何か自分を損なう感じがする」と思ってやめました。
未だに、「基礎化粧」という概念がよくわかりません…。

私と同じですね! 私がメイクを完全にやめたのは大学時代。
当時「顔色悪いけど大丈夫?」と同級生から心配されたのです。
そこでメイクしたら、「わあ、顔色がよくなった」と同級生が喜びました。
「え?でも顔色悪い私の健康状態は変わっていないのに」と、
メイクの本質に気づいてしまった感じでした。
________________________________________
2018年1月27日(土)

1月29日(月)に、「NHKニュースシブ5時」に出演することになりました。
特集「居場所を求める女性たち」、ひきこもりなど社会と接点がないことに悩む
女性たちについてです。
生放送なので時間がずれたりするかもしれませんとのことです。
________________________________________
2018年1月28日(日)

今日は、有資格者向け対人関係療法研究会ワークショップの再開後2回目でした。
いつもとてもよい雰囲気だし、人手の足りなさを参加者の皆さまがカバーして
くださるので毎回感動します。
こういう治療者の皆さまなら、患者さんにも優しいだろうなと確信します。

(1)     私は修復的司法に共感する者だが、「この問題は、このコミュニティで
起こった。誰もが無縁なわけではない」に賛同する。
自分は悪いことをせず生きているつもりでも、コミュニティの問題を無視したり
軽視したりしている、という意味では責任がないとは言えない。
そういう包括的な視点を望む。

(2)     初当選後の少年法改悪のとき、法案提出者の麻生太郎さんに
「つまり、腐っていないみかんに悪影響を与えないように、腐ったみかんを
排除しようということですね」と質問したら「その通りです」と。
でも、みかんがその箱の中で腐ったのは事実、ということに向き合う責任があると思う。
________________________________________
2018年1月29日(月)

ただ今NHKでニュースシブ5時の出演待機中です。
引きこもりUX女子会がテーマです。詳しくはウェブサイトをどうぞ。

今日のシブ5時は、よく作りこまれていると感じました。
引きこもりの方がテレビでコメントする気持ちになるまで、
何か月も信頼関係の構築をされたようです。
ああいう良質な番組が増えるといいなと思います。

引きこもりUX女子会でなるほどと思ったのは、人間疲れして
しまった人のための「非交流スペース」が設けてあること。
疲れたらいつでもホワイトボードの向こう側の「非交流スペース」
落ち着くことができます。
_______________________________________
2018年1月30日(火)

ありがとうございます。本当にそうですね。AHの創始者ジェリーは、
再婚の際、「決して言葉を武器に使わない」と夫婦で誓ったそうです。
まもなく93歳ですが、まだその誓いは破られていないようです。

「NHKニュースシブ5時」に出演します

1月29日(月)に、「NHKニュースシブ5時」に出演することになりました。

特集「居場所を求める女性たち」、ひきこもりなど社会と接点がないことに
悩む女性たちについてです。

生放送なので時間がずれたりするかもしれませんとのことです。

再放送のお知らせ

以前出演したNHK「Rの法則」の再放送が決まりました。
テーマは「嫉妬」」です。

2月7日(水)18:55~19:25

まだご覧になっていない方、ぜひご覧ください。

【新刊】『困った悩みが消える感情整理法』を刊行しました

この本は、私が東京新聞、北日本新聞、北海道新聞に連載してきた
「お悩み相談」を編集したものです。
本当にランダムにいろいろな悩みが寄せられて、それにこたえた本書は、
悩みの解決に役立つだけでなく、人は本当にいろいろなことに悩むのだな、
という理解にもつながります。
どこからでも読み始められる、手軽な一冊。(水島広子)

内容紹介
「どうしていいかわからない」ときに読む本!

精神科医で「対人関係療法」の第一人者が、誰もが日常生活のさまざまな場面で直面する、よくある悩みに応えます。まわりとうまくいかないとき、プレッシャーに襲われたとき、自信をなくしたとき、大事なものを失ったとき、やる気が出ないとき……などなど、該当ページを開いてください。問題をどう受け止め、どう対処したらいいかが簡潔に書かれています。誰かに相談したいとき、心をサポートしてくれる一冊です

さくら舎

1,512 円(税込)

アマゾンで購入する方は hhttp://amzn.to/2Ewmql1

2017年12月のツイートより(抜粋)

2017年12月のツイートのうち、反響の大きかったものを抜粋してまとめました。
________________________________________
2017年12月1日(金)

うちのクリニックには「1回のみ相談」という仕組みがあるのだが
来られた時と帰られる時の表情の違いに驚かされる、と歴代の受付から
言われてきた。
すっきりした、あたたかい、勇気のある表情。
50分間で獲得する価値があるものだが、本来はご本人が持っていたもの。
もやもやしながら生きていくとしても、大きな軌道が見えているの
そうでないのとでは大きな違いがありますよね。
そして、大切なのはプロセスであって、「今日すべて解決する!」などと
いうことはないということです。

新しい国保保険証が来たが、臓器提供シールがすぐにはがれてしまって、
プライバシー丸出し。でも再発行のために区役所まで行く暇もなく
しかたなく、剥がしやすそうなノリで貼ってみた。
私と同じ被害が港区であったとすると、税金を使っておそらくどこかに
委託したであろう区はどうするのだろう?

私の名刺の表面は、元衆議院議員 医学博士 水島広子 としか
書いておらず、連絡先や所属団体などは全部裏面に記載されている
今日インフルエンザワクチンを打ってくれた同級生からは
「水島、もっと医者らしい名刺にしたほうがいいよ」ととても
おもしろい助言をもらった。まあ言う通りにはしないけど

アドバイスは嫌いですが、私の名刺についての今日の同級生の意見
みたいに、あまりに自分の思考と次元が違っていると、
「ほう、君はそんなところにこだわるんだねえ」と、おもしろさと
友情が余裕をもって感じられます。
要は、悩んでいないところなら刺さらないんだろうな。
______________________________________
2017年12月2日(土)

辛い症状に苦しむ若い患者さんが「水島先生に出会えたのは幸せだった。
でも出会ってしまったから死ねなくなってしまった」と毎回一度は
毒づくのがかわいい。

私ももともと短気なので、プロセスの重要性を見つけるまで
結構長い時間がかかりました。患者さんに対しては新米の頃から
ごく普通にできていたのですけどね。

私は「何をボランティアでするか」を自分で決めています。
専門知識を得たり維持したりするのは当然かなりの金額を要します
その中で、「この分野をボランティアでやりたい」と思うのは私次第です
。時々「ボランティアで講演してください」とか来るけれども、
よほどのことがない限り断っています。

今夜は、深夜便で帰国する在米友人と、羽田の国際ターミナルで娘
一緒におしゃべりして楽しかったです。
20時半待ち合わせ、という尋常でない会い方でしたが、
本当に楽しかったです。成田でも行ったか?と言うと疑問ですが。

しかし人間の縁はおもしろい。私は2005年の夏に、マンスフィールド財団の
招へいでアメリカに行った。
その時の同時通訳者が田村さん(もちろん在米中のワシントン・ポストの取材は
自分の英語だけでやりましたが)で、議員でなくなった直後に米国に住みたいと
言ったら紹介してくれたのが今日会った彼女。

私は米国に行ったとき、とりあえずアパートを借り、中古車を買い
子どもを学校と保育園に入れ、とやった後に、紹介された人(今日会った友人)に
連絡したら、「そういうことを私が手伝うはずだったのに、全部自分で
やっちゃったんですね」と。でも本当に善良な人なので友達づきあいを続けています。
________________________________________
2017年12月3日(日)
2月18日の「気分変調性障害×AH」のワークショップ、すでに定員を
超えてキャンセル待ちをたくさんいただいております。初めての企画なので
現時点では確約できませんが、私が納得できる内容になるのであれば、
できるだけ頻繁にしたいと思います。

先ほど書きましたが、私にとって「納得」はとても重要です。
納得できないときはしつこく尋ねるか、距離をおきます。
「親に言われたから」「上司に言われたから」では、
うまく軌道に乗れればラッキー、そうでなければ被害者意識が募るばかりです。
________________________________________
2017年12月4日(月)
今日は栃木出張。通いなれた東北新幹線です。
「冬の栃木=極限の寒さが怖い」という私ですが、議員をやめてからは
コートを着られるようになったので全然大丈夫でした。
議員時代は「議員たるもの、コートなんかでぬくぬくしているな」でしたから
スーツで早朝の街頭演説していましたよ。

iCloud関連で、息子が私に問題解決を求めてきた!
子離れで必死の我慢中の私にとっては、超ラッキーです。
問題また起これ(笑・今日のはちゃんと解決しましたよ)。

あ! 今日大事件が起こったんです。一般書店で、
(出版社の根回しもなく)「それでいい。」が、平積みの縦版?
みたいな立派な扱いをされていたんです。
東京都駅構内の書店です。感激しました!!

やっぱり患者さんを診ていると、「病気になるまで自分の力で
頑張った」強い人だと思う。そういう患者さんが、
「すべては自分が悪い」とか「自分は努力が足りない」などと
言っているのを見ると切ない。
________________________________________
2017年12月5日(火)

この頃の変化。応援している業者のため、また、時には
自分のためにお金を使うことは悪いことではない。
私は小さい頃母から「兄がお金を使いすぎるから節約してね」と
言われて育った。
今もシングルインカム、十代の子2人、AHへの持ち出しで
経済的に楽ではないが、ちょっと自分を大切にしようと思えた。

よく「お嬢様育ち」とか言われるけど、父が深刻な病気で
働けなかったこともあり、全然違います。お小遣いは、
小学校1年生ならひと月10円、二年生なら20円。
おもちゃは全部近所の人からのもらいもの(リカちゃん人形ですら!)
こんな境遇に置かれれば、多少「ずる」はしないと生きていけませんでした。
_______________________________________
2017年12月6日(水)

伊藤詩織さんの手記『Black Box』をやっと読んだ。
私は自分自身が週刊誌に事実無根のことを書かれた経験を持つため
本人の言葉を聞いてからでないと何もコメントできない。
この本を読んで、伊藤詩織さんが起こそうとしている変化を
心から応援したいと思う。

1月に刊行予定の2冊の本、どういうわけか再校の締め切りが同じ11日。
しかも私は9日から東京を離れるからその前に発送しなければ。
とりあえず今日1冊片付けたけれど、もう1冊はいつやるんだろう
と言っている間にやればいいんですよね。
ちょっと言ってみたかっただけです(笑)。

「それでいい。」を読んでくれた思春期の患者さんが
「内容はいつもの水島先生だけど、先生はもっと目力があるよ。
貂々さんにそう言っといてよ」と。貂々さんに伝えたら
「はい、目力あります。最初怖かったです」
ついでに担当編集者さんが「私も怖かったです」…って、
なんで急に「怖かった」告白が?

地元の美容院で、ついに元衆議院議員だった過去がバレた
(精神科医ということは知られていた)。テレビで見て知ったそうな。
でもこれで私はだいぶ楽になって、「だから出してもらう雑誌は
ファッション誌とかじゃなくてオヤジ系の文春とかにしてくださいね」
「ラジャー」みたいな感じ。
________________________________________
2017年12月8日(金)
ふう。1月刊行の2冊の本の再校が月曜期限で見事に重なり、
私は土~月が出張で校正作業がほとんど不可能。というわけで
頑張ってやり遂げました。ちょっと毛色の違う2冊です。

いろいろなトラブルがあった年だったけれども、2冊の本の
追い込みまでできるところに回復したのが素直にうれしいです。
次々と出版企画はあるので、かつてみたいな「月刊水島」目指して
(まあ、年を取ったので隔月水島くらいで)復活する予定です。
執筆は、常に深いところを探る作業。楽しみです。

「女子力」という言葉になんとなく不快を感じている方は、
1月4日まで待ってくださいね! 本の刊行日です。朝日新聞出版、
「女に生まれてよかった。と心から思える本」です。
さっきのリンクの画像よりも、実際の装丁の方がずーーっとおしゃ
れです! お楽しみに。
________________________________________
2017年12月12日(火)

昨日、麻布十番の一橋の交差点の信号をダッシュで渡ろうとしたら
大きな荷物を担いでいたことと、すべりの悪いブーツを履いていたことが
原因と思われる見事な転倒をし、
ほとんど顔から地面に突っ込んだ感じだった(笑)。
またしても衆人環視の下で転んで恥ずかしかった。今週お会いする方は眼帯姿です。

前には赤羽橋の人通りの多い交差点でランニング中に転倒し、
これまた恥ずかしい思いを。これらの転倒から学んだことは、
早く走っているときほど足元に気をつけるべき、という極めてシンプルなことでした。
何かにつまずいたとき、遅いスピードなら足の力で持ちこたえますものね。

ツイッターって、文字数が少ない分、「ランプの傘」を書く余裕もなくて
温かい本質が伝わる感じがします。
もちろんいわゆる「リア充」系とかヘイト系は、同じ文字数を「ランプの傘」のみに
費やすわけですが、限られたものをどう使うか、という点ではすごく示唆に富むみたいな。
________________________________________
2017年12月13日(水)
皆さま温かいコメントありがとうございます。診療日の今日は
、右目眼帯+いつものマスク+白衣着用で、左目が見えなければ私と認識することも
できない、白で覆われた状態です。
________________________________________
2017年12月15(金)

新連載です。2018年1月18日(木)全国発売のPHP3月増刊号から、
新連載「50代からの人間関係」を始めます。
私自身、3月には50歳。書きながら学びたいと思っています。
________________________________________
2017年12月19日(火)

事務局のトラブルにより7月以降停止していた対人関係療法研究会
(有資格者向け)が12月24日のワークショップから再開する。
全国の治療者が持ち寄る症例を丁寧に検討する作業はとても楽しみ
今回は私一人でも、と事務局をやってきたが、人材も育ちつつある
今後の普及のためにも、頑張ります。

たまたま今日「寛容」についての原稿を書いたが、「正しさ」を
主張し合う社会に「寛容」はあり得ない。それぞれの人にとっての
「正しさ」は違う。
愛情豊かで経済的に恵まれた親に育てられた人と、ひどい虐待を
受けて育った人とでは、「親を大切に」の意味合いが全く違うように。

今回のトラブルで私が改めて事務局入りしたことによるプラスは、
全国展開について現実的に考えるようになったこと。すでに
いろいろと力強い情報をいただいており、対人関係療法の普及への力となっている。
_______________________________________
2017年12月21日(木)

私の「ぐれ」は精神科医として働き始めるまで(医師免許取得後、
1年間海外放浪していましたのでその後)、そして私の教師不信は
娘が小1になるまで、解消されませんでした…。
そんな私に希望を与えてくれた、娘の小1担任の先生には心から感謝しています。
________________________________________
2017年12月22日(金)

今日は日本うつ病学会の理事会だった。7月は思わぬトラブルのた
2時間半も遅刻したが、今日はフル出席できた。
常にユーザーのことを考え、精神医学の進歩に貢献に努め、
多職種連携を重視する、この真面目な学会がとても好きだ。
理事の方が一般会員より会費も高くすごいボランティアだが。

AHは自分の心の平和の選択だけを目標とするものだが、特に対人援助に
慣れている人などは、ついつい相手を変えようとする(=怖れ)。
ファシリテーターのクオリティー・コントロールとしてこの点を
ずっと悩んできたが、オランダAHの代表Elsとメールでやりとりして、
自分の立ち位置が決まった。
________________________________________
2017年12月24日(日)

今日は有資格者向け対人関係療法研究会の症例検討の日だった。
約半年ぶりの研究会、ちゃんと開けるだろうかと思っていたが、
会場設営陣と共に朝会場に行くと、すでに有志の先生方によって
会場設営が終わっていた。映画の一シーンを見ているみたいで感激
朝早くからありがとうございました。

今日の研究会でも感じたが、年を取るにつれて身の回りが
「好きな人」ばかりになってきた。
チヤホヤしてくれるという意味ではなく、人間としてとても
優しい人たちということ。
これは、年を取るにつれて自分の価値観に正直になってきたと
いうことでもあるんだろうな。無駄な努力をやめて。

これで思い出したこと。私は衆院議員時代に厚生労働省の人との
打ち合わせの中で「医者の中にもいろいろいるから」というような発言をした。
その後エレベーターの中で「水島先生、医者なのに医者不信って
あるんだね」と厚労省のお役人さんたちが無邪気に話していたのを
私の秘書が目撃したそう。うーん。
________________________________________
2017年12月25日(月)

子どもを育てるということは、「待つ」ことを学ぶということでも
あるのですね。
精神科医としては日常的にやっていることですが、近い関係におい
「待つ」ことはまた格別な感じがします。
________________________________________
2017年12月26日(日)

『「他人の目」が気になる人へ』のkindle版がリリースされました。

http://amzn.asia/i9PRSFq
________________________________________
2017年12月27日(月)

うちのクリニックは今日が仕事納め。週1回の診療が必要な人がいるので、
スタッフと話し合い、1月4日から診療を始める。
そういう思いやりを示してくれるスタッフに感謝。

私は慶應の医学部新聞の編集者をやっていて、時々人に執筆依頼をする。
今日は、医学部の同級生で、ものすごく仲がよかったけれど
すっかりご無沙汰の人に依頼したら、「水島からの直のお願いだったら
断れないですね」と温かいメッセージと共に引き受けてくれた。ぽかぽか。
________________________________________
2017年12月28日(木)

私には、歯の「エナメル質形成不全症」という先天異常があって、
歯並びはよいのだけれど(矯正歴なし)、時々エナメル質がポロっと欠ける。
昨夜は上の真ん中の二本の間が欠けて、2ミリほどの空間ができて
ちょっと間抜けな顔。
笑ってもいいけど、そういう事情だということは知っておいてくださいね。

食事中に、息子(高1)の箸が欠けたので、「あ、かかの歯と同じ
見て見て」と言ったら、かつてだったら喜んだ彼が「食事中に口の中の話
なんて汚いよ」と冷たい態度。
親が教えなくてもマナーって身につくんですね。寂しいけれど満足
_______________________________________
2017年12月29日(水)

モラハラの原稿に取り組み始めました。高い目標は、「お正月休みのうちに」。
低い目標は「1月中に」。と思ったけれど、ここから確定申告まで税務の
作業をたくさんしなければならないので、現実的な目標は「2月中に」かな。

1月に新刊2冊(1冊は1月4日発売!)、3月には「毒親」の本、と刊行します。

2月18日に、「自分は気分変調性障害では?」と思う方向けのワークショップを
開きます。「自分はダメ人間だ」「今はほめられてもいつか招待がばれて失望される」
「自分のネガティブさが嫌」という方はご検討ください。 詳細は
http://bit.ly/2Ak0YyK

不思議なのが、「気分変調性障害を診てくれる医者がいない」とい
相談なのです。確かに摂食障害やトラウマは特別な能力が必要だと思いますが、
なんでうつ病圏の病気が診られないのだろう?
かつての「神経症性うつ病」とかいう分類を信じて、人格の問題だと考えているのかしら?
________________________________________
2017年12月30日(土)

私の子どもとは思えないきちんとした息子が、部屋の大掃除を始めた。
それは大変結構なことだけれど、私から借りたままのものとか、
彼にはいらないけれども私が拾いそうなものをドッと持ってくるので、
私の部屋はプチ混乱。

【新刊】『女に生まれてよかった。と心から思える本』を刊行しました

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、早速ですが、本日、「女に生まれてよかった。と心から思える本」を
刊行しました。
ご関心のある方、ぜひご一読ください。

——————————————————-
内容紹介
「女性に生まれなければよかったのに」と思ったことはありませんか?

女子力は求められるし、
加齢による“劣化”問題や、恋愛、幸せな結婚、
そのうえ仕事での活躍……。
女性として生きるのに、現代は苦しすぎる!

「自分はダメ女子」と思うあなたへ。
「女性らしさに縛られずに、女性であることに喜びを感じられるようになる」
そんな、あなたの人生をガラッと豊かにする心の持ち方を伝授します。

朝日新聞出版

1,404 円(税込)

アマゾンで購入する方は http://amzn.to/2CrRzst

目次

【はじめに】
女は劣った性なのか / 「女らしさ」「女子力」のプレッシャー/
「女らしさ」に縛られないことは、「女を捨てる」ことではない/
女性は若いほど価値がある? / 女性は男性よりも自信を持ちづらい

1 女性は「商品」?

●「女らしさ」がめんどうくさい
女らしさってなんだろう/「女子力」とは / 「女子力」が息苦しい理由

●女性として劣っているという意識

「商品」としての女性 / 「ダメ女子化」は頑張りすぎた証拠
●女性は若いほどよい?
悲観的観測に根拠はある? / 嫉妬してしまう自分が嫌

●「女」はみんな、傷ついてきた過去がある
なぜ女性は「商品」になってしまったのか / 「女」度が高い人が同性に嫌われるワケ

2 「商品」としての女性からの脱却!

●「完璧主義」から抜け出す方法
向上心と完璧主義は別物 / 「いつも笑顔の女性でいたいけど……」

●「べき」を「したい」に変えると力がわいてくる!
女性は商品ではなく、生身の人間/ヴィクトリア女王はなぜ?みっともない?ことをしたのか?

●「自分はダメ女子! 」と思ったときの考え方
劣化するばかりの「商品」でいるのはもうやめよう/「べき」を「したい」に変える5つのステップ

●女子力がなくても素敵な女性になる方法
美しく生きられない自分。どうしたらよい?

●「キラキラしてるあの子」がつらいとき
「ダメ女子化」は「したい」もの? / SNSには要注意

3 恋愛でいつも苦しい思いをするあなたへ

●恋の「どうせ私なんか病」への処方箋
自信がなくて関われないあなたへ

●愛する人に愛してもらえない問題
うまくいかない恋愛をどう乗り越えるか / なぜ愛してくれない人を好きになるのか

●なぜ理想の恋愛ができないのだろう?
ひょっとして自己肯定感の問題かも / ドキドキか、穏やかな感情か

●結婚で幸せな人生?
「結婚したいのかしたくないのかもわからない……」

●子どもがいなくては女性失格?
子どもがいることの本質的な意味/無条件の愛を自分へ向けるため

4 年齢を重ねるほど自分を好きになれる方法

●年をとるのが嫌で仕方ない問題
加齢は?劣化?すること? / 「想像したくない未来」の本当のトコロ

●男たちのホンネ
美魔女がちょっと怖いワケ / ヨーロッパではこう考える / 男性たちも怖い

●年齢を重ねるのは最高に幸せ! と言えるワケ
年をとると人生がシンプルになる / パートナーがたとえいなくても/未来の自分を進化させるには

●年をとる自分をゆるす方法
社会のあらゆる人が愛しくなる / 過去の自分と比べてみて / 今日からでもできること

5 背負わない働き方のヒント

●メンツにとらわれない強さ
あなたを縛るものを疑おう / 私が女性を好きになれたきっかけ/メンツにとらわれない力

●「だから女は…… 」がくやしいとき
「女扱い」は、男性に原因があるのかも / 「すぐに泣いてしまう自分が嫌」

●職場の「女子の人間関係」
女性は本当に感情的なのか? / 女性の上司・部下の関係をうまくいかせるには/男性の方が接しやすいのはなぜだろう

●なぜかついていきたくなる女性の共通点
時代に合ったリーダーになれる / 感謝できる環境でこそ、人はがんばれる/働きながら年を重ねるということ

内容(「BOOK」データベースより)
「恋も仕事も」なんて無理ッ!「…しなきゃ」を手放し、自分を好きになれる“心のレッスン”

2017年11月のツイートより(抜粋)

2017年11月のツイートのうち、反響の大きかったものを抜粋してまとめました。
________________________________________
2017年11月2(木)

宇都宮時代の選挙を仕切ってくれていた方から、私のメールマガジ
(ツイッターの抜粋)を見て立憲民主党への思いを読んで嬉しかった、
という連絡。宇都宮は枝野さんの故郷であると同時に、民主党候補者(私)を
栃木県内で初めて小選挙区当選させてくれた地。特別な場所です。

いよいよ大阪でのAH三昧です。ともこさんが今日のうちに先乗りして、
明日入門ワークショップをしてくれます。私は明日大阪入りして、
土曜日の実践ワークショップ、日曜日のゆるしのワークショップの
ァシリテーションをします。よろしくお願いいたします。

今のところ、来年の早いうちに、福岡でAH三昧をする予定ですので、
九州の方、本州西側の方、ちょっと楽しみにしていてくださいね。

日曜夜まで大阪だから、お金のこととか何か用事があったら今日中
言ってね、と子どもたちに言ったら、下の子が、今日の矯正歯科の立て替え分を
もらいにきた。私とべったりだった彼(高1)は、今頑張って反抗期中なので、
お金のことくらいしか来ないけれど、ちゃんと育っているのですね

暴論を言う人は、人に衝撃を与えます。特に、ツイッターみたいなビジュアルな
刺激は大きいです。衝撃から「その人の言う通りにしなきゃ!」的思想になると
思うんです。
衝撃から身を守るのは日常生活。そして、その日常生活を普通に守って
くれそうな人こそ、頼れる人だと思っています。

そういうふうに選んだわけでもないけれど、この5年間、私の「右腕」でいてくれるスタッフは、おそらく私と同じような政治的価値観を持っています。私は政治の仕事はしていませんが、「人間を大切にする」という価値観が通じるのでしょうね。診療でもボランティアでも同僚関係でも。
______________________________________
2017年11月3日(金)

こどもの頃って1日が長いですよね。歳をとると早くなる。子どもは現在を生き、
何でも新しいものとして体験し、思考のデータベースに陥らない。見えない先の
心配もしない。それはじつはAHそのもので、身体的寿命には限りがあっても、
精神的長生きはできそう。

怒りのエネルギーではなく、共生、優しさ、つながり、誠意、助け合い。
そのエネルギーが政治には必要だ。人の怒りや被害者意識に働きかける選挙は
強い(人の怖れを煽る選挙)。
でもそうでないロールモデルを示してくれたのが、立憲民主党だ。この王道を、
極めて欲しい。
少数派についての石破さんの見識。「答える側は 野党議員の向こうに国民が
いるんだということを忘れないで答えてください。」。やっぱり立派だ。
________________________________________
2017年11月4日(土)

今日はAH実践ワークショップ(対人援助に焦点を当てたもの)だった。
いつもと違う大阪で、大きめのグループで、どうなることかと思ったが、
結論はいつもどおり「AHっていいな」だった。涙あり、笑いあり
優しさあり、つながりあり、安全な環境で人が前進する姿あり。いつもどおりのAH。

今日から午前の部を少し変えてみた。私たちの本質は変わらないけれど、
ワークショップの構成によって本質を引き出しやすくできるのだな
と実感した。
これからも試行錯誤は続けたいし、ワークショップの組み立てを考えることが、
自分にとって怖れの手放しでもある。

明日は「ゆるしを考えるワークショップ」。7月に東京で開いた、第二弾。
「ゆるし」は近々、何らかの形で本にします。AHの中核だけれど
一番わかりにくいと言われているものです。やりがいあります。

怒りのエネルギーの方が熱量が強く見える。でも本当は、しなやか
愛のエネルギーの方が、ずっと底力がある。これをどう現実社会にうまく
持ち込むかが、今の課題。着々とAH人口は増えてきているが。

AHのよさを知った人は、もちろん、他の人にも勧めたくなる
(特に自分と関係性の近い人…ですよね)。でも、
勧めないこと(他人を変えようとしないこと)AHの真髄だということ
も知っていて尊重する。
この何とも言えない奥ゆかしい感じが、AHって本当に人間に合っているな、
と思うのです。
________________________________________
2017年11月5日(日)

AHにおける「愛」(あたたかいこころ)は、与えるほど自分の持ち分が増えます。
あたたかさを自分も同時に味わうからですね。燃え尽きるようなものは
「愛」ではなく「怖れ」なのです。

AHは、あたたかい愛でポカポカしている人以外はみな「怖れて助けを
求めている人」と見る。だから助けてあげるべき、とは決して言っていない。
そういう見方をすること自体が、心の平和を選ぶということ。
変な「べき」をつけてしまうと本質が損なわれてしまう。

家に帰ってもどうせ犬しか飛びついてこないだろうと思っていたら
娘が政治経済の勉強のために待機していました。息子も加わって、
久しぶりに親子の楽しい時間。
これは最近稀に見る幸せです。COPとかの復習にもなるし。
________________________________________
2017年11月6日(月)
電話をとったらジェリー・ジャンポルスキーだった。また1時間くらいの
おしゃべり。トランプの訪日はどう受け止められているか、というような
政治談義から、お互いの私生活の報告。昨日までの大阪のAH三昧
ついても話したら、とても喜んでいた。

ジェリーから今日も「もっとゆっくりしゃべって」と言われた。
これは通常日本人がネイティブに言うはずの言葉なので、
「ネイティブからそう言われるとちょっと嬉しい」とジェリーに
言ったら笑っていた。

有資格者向け対人関係療法研究会(学会の前身)の事務局が突如
いなくなったので、私がおそろしく単純な事務作業をしています。
でもさすが対人関係療法の治療者の皆様、とても温かい言葉をかけ
くださったり、私のミスをカバーしてくださったり、とありがたいです。
_______________________________________
2017年11月7日(火)

私はちょっと前まで「友達がいない」ことを自慢にしていましたが
(本当に信頼できる人はもちろんそれなりにいましたが)、
AH的距離感で関われば、多くの人と、ものすごく温かい友情が築けるんですね。
なんか、いいな~と思います。私のさっぱりした性格ともぴったり

私が「友達がいない」ことを自慢していたのは、「友達がいないと
人間として欠陥があると思われる」という社会背景に逆らってのことでした。
嫌われないように友達メンテナンスに汲々とするよりも、
必要なときだけ「助けて」と言ったり、相手が困っているときに
助けることが本質だと思うからです。

3月刊行予定の「毒親」の本、最終稿を書き上げました。
疲れましたが、思ったよりもよい本になりそうです。ようやく、
「皆さんにお読みいただきたいなー」と思えるようになりました。

今日は編集者さんから「何より編集者を「やる気」にさせるコツをご存知だなあと
いつも思っています」と嬉しいメールをいただきました。
________________________________________
2017年11月8日(水)

2018年の「現代用語の基礎知識」の見本が届いた。
私は今年もメンタルヘルスの全部の執筆を担当した。
今年は、創刊70周年号とのこと。こういう本が生き残っていくのはすごい。

トラウマを持つ女の子が、この頃私を怒ったり「見捨てたら死ぬからね!」の
状態。他の人には全くしないので、信頼してもらえている安心感。
「せめて家族に怒れるよういなるといいね」と言ったら、まじめな彼女は課題として
了解してくれた。トラウマ患者さんの怒り=悪いこと、と扱わないでほしい。
________________________________________
2017年10月9日(木)

AHでは、「自分の心の平和の選択を唯一の目標とする」と、目標は明確なのですが、
「完璧主義にとらわれず、一歩一歩」なんです。
少しでもそっちの方向に進めればいいんです。こう考えてみると私の育児も
そうだったなと思います。「あれもこれも」的な要素は敢えて全く作りませんでした。

な、なんと、著書「女子の人間関係」がついに10万部に。私の本で10万部は
初めてだということだけでなく、2014年に出した本がまだ増刷になるあたり、
ベストセラーかつロングセラーであることが嬉しい。
役に立つという声をあちこちで聞くのもうれしいです。
http://amzn.to/2zwhgEq
________________________________________
2017年11月10日(金)

石破さんと私は安全保障観が違うけれども、「人間としてまともだ(フェアに
やろうとしている)」というだけでほめなければならない時代になった政治を本当に憂う。

お礼状を書こうとハガキの切手を調べたら、62円もするのですね。私はネット環境に
あるのですぐ調べられますが、そうでない人はどうするんでしょう
。皆さん、小泉元首相のご子息のイケメンにうっとりしていないで
郵政民営化のうち、特に郵便部分を総括した方がよいと思います。

前も書きましたが、郵政民営化を日本に強要したと言われている米国では、
郵便局は国営で、パスポート発行などの公的業務をしています。
そのほうがどれほどよいか。

私はずっと「先輩に恵まれている」と思って生きてきたけれども、
このくらいの歳になると「後輩に恵まれている」も強く感じるようになる。
________________________________________
2017年11月11日(土)

薬害エイズの特は、官僚が、明らかに自分たちの不利になる資料を大臣に上げ、
世にオープンにされることになった。
もちろん菅厚生大臣の賢い戦略と正義感があって初めて成立したことだが。
官僚にも一定の良識はあると感心した。それにひきかえ…。

________________________________________
2017年11月12日(日)

後輩が送ってくれた貴重な写真。私もまたヒマラヤに行きたい。
昔は3週間とか平気で山歩きしていた。エベレストベースキャンプ近くまで
行ったけれど高山病も経験なし。 https://pic.twitter.com/Cu4N6v8gps

大学で2年間勉強したはずのフランス語をほとんど忘れているのに
現地で覚えたネパール語は今でもよく覚えています。

お知らせが遅れましたが、先日「対人関係療法でなおす 気分変調性障害」の
8刷の連絡をいただきました。
「どうしてこんなにネガティブな性格なんだろう」「今はほめられても、
いずれ失望されてしまう」と思う方、それが治療可能な病気であることを知ってください。
http://amzn.to/2yw3wIJ

気分変調性障害の人の半分が、抗うつ薬に反応します。ネガティブ思考は
なくなるけれども新しい世界になじむのが大変なので対人関係療法で支えます。
薬が効かない半分は、私の臨床経験からは、トラウマ関連の人が多いです
(トラウマ関連でも薬が効く人もいるが)。対人関係療法の重要な出番です。

いわゆる「非定型うつ病」(むしろ食欲亢進し、過眠するタイプ)は、
トラウマ関連や双極性うつの人に多いように思います。
抗うつ薬への反応は弱いと言われています。これまた精神療法の出番です。
双極性障害も、トラウマ関連も、対人関係療法の得意分野です。

認知療法を保険適用にするために積み重ねた努力を考えると、対人関係療法の
保険適用は気が遠くなるような道のりです。
だからと言って、こんなに有益なものを患者さんから遠ざけておきたくない。
そんなことも考えながら、一生懸命本を書いています。
_______________________________________
2017年11月13日(月)

今まで5つだった雑誌や新聞の連載が、6つになることになりました。
どんなにバタバタしたときにも書かなければいけないものなので、
結果的に達成感にはつながります。このうち3つをまとめたものが
1月に書籍で刊行されます。

高1の息子と、長すぎる野球用ベルトの穴あけ作業。
「距離おき反抗期」中なので、こういうちょっとしたことでまだ
頼られるのが嬉しい。・・・とうっとりしていたら、
考えてみれば内側からベルトを切るのだから、一連の作業が無駄だった、
ということに気づき、息子に伝えたら「確かに」。でも幸せ。

村木厚子さんは、私の政策秘書ととても仲がよく、よく私の留守中
事務所でおしゃべりしていた(あまりにも普通で、私は村木さんが
官僚であることすら気づかなかった)。
多忙な彼女は、自分の時間を割いて障がい者団体の会合にまめに出ていた。
人間的には謙虚・寛容で人の痛みがよくわかる優しい人だ。
________________________________________
2017年11月14日(火)

自分で責任が持てるのは、自分の心の平和だけ。
もちろんそれは周りの人にも温かい影響を及ぼすが、
あくまでも「おまけ」であって、目的ではない。
ツイッター上での決めつけ対決みたいなのを見ると、
被害者意識を押し付け合っているように思う。
王道はAHだと信じている。

________________________________________
2017年11月16日(木)

こんな真剣な精神科医ばかりだといいのですが。私も、
難しい患者さんにはねつけられることがあるけれども、
誠実で辛抱強いことが大切だと思っています。
AHで、私は最近「共感」ではなく「共存」という言葉を使っています。
どんな状態の相手でも、そのありのままと一緒にいる、
ということで。
https://twitter.com/cocorojin/status/930744083949109248

ある患者さんが私のことを「お月様みたい」と言ってくれる。
「太陽みたいな人はたくさんいるけど、月はなかなかいない」と。
彼女の含蓄を私がどこまで理解しているかわからないが、何やら嬉しい話です。

私は、ゲームも呼称も、ダブルスタンダードで敢えて育ててきました。
子どもなりのメンツもあるだろうから、うちの敷地の外ではゲーム
禁止しない。
うちの外では「俺」「お前」も勝手。
でも家ではそれらを認めないし、遊びに来た友達にも守ってもらう
そんな子も、十代後半です。

息子が小学校中学年の頃?友達4人を家に泊めると言い出した
(もちろんそんな広さはない)。「かかはカレーだけ作って、
あとは自分の仕事をするから、お風呂入って寝なさいよ」と言ったら、
みんなそこがいいと言っていると。
構いすぎない家の方が人気があると聞いてちょっと自信をつけました!
________________________________________
2017年11月18日(土)

1月に刊行予定の2冊のうち、1冊の初校が終わりました。
今年はひどいトラブルのためにほとんど本を出せませんでしたが、
来年はたくさん刊行する予定ですので、お小遣いをためておいてくださいね!
(もちろん、図書館へのリクエストも大歓迎です)

編集段階で削除されるかもしれませんが、本の「あとがき」に、
初めて我が子たちへの謝辞を書きました。昔から私を知る人は
「前から全然変わらない」と言いますが(もちろんよい意味で)、
子どもたちからもらった無条件の愛で、ずいぶん癒されたと感じています。
________________________________________
2017年11月19日(日)

有資格者向けの対人関係療法研究会、ひどいトラブルのために
(事務局の問題)開けずにいましたが、拙い私が事務局をやり、
12月から再開。参加者の皆さまからは感謝やねぎらいの言葉、
「できることがあれば何でも」とメッセージをいただいて結構幸せです。
検討症例も順調に集まっています。

子どもを二人育ててきた立場から言うと、小さい頃に必要なのは
とにかく人手(私の場合は安心して預けられる保育園)。
逆に、経済的には、二人とも十代後半になった今が今が一番厳しいです。
小さい頃の経済支援に焦点を当てた政策は、なんだかぴんと来ないです。

自己肯定感を高めるためには、というハウツー本も出ているけど
(私も出していますがハウツーではないです)、私は、
宅配便の人に「お天気が悪いのに大変ですね」と一声かけたり、
ご近所さんとあいさつしたり、子どもに「ありがとう」と言ったり
というときに自己肯定感が上がるような気がします。
________________________________________
2017年11月20日(月)

昨日、宅急便を出しにコンビニに行ったら制服警官が2人レジのところに。
「何か事件だと思ったけど、おまわりさんもご飯食べますものね」と言ったら
照れた笑顔で会釈してくれた。ちょっとほのぼの。
________________________________________
2017年11月21日(火)

枝野さんの代表質問、この時間にやっと見た。まず、すばらしい。
聞くだけで多くの人が安心したのではないか。批判は最低限、
問題点をクリアーにしていく。
枝野さんがこういう立場になることを、私はずっと望んでいたと思う。

昨日の枝野さんの代表質問の中で「これだ!」と思ったのは
「自己責任に名を借りた利己主義」という表現。
AHでは「自分で責任を持てるのは自分の心の姿勢だけ」と言うので、
変な自己責任と勘違いされることもあるけれど、それは要は利己主義と
いうことなのだ。さすが。

いえいえ、AHとは、attitudinal healingの略で、正確に日本語で言うと
「心の姿勢を自ら選ぶことによる癒し」です。
立憲民主党を見ていて嬉しいのは、被害者意識(現状への怒り)ではなく、
「みんなでまっとうにやっていこうよ」というふうにリードしてくれているところ。
枝野さんもそういう人。

私は英語の名刺や署名も姓を先に書くし、右翼的なところ(定義がわからないけれど)
もあるんです。立憲民主党を支持するのは、枝野さんが私のお兄さんみたいな信頼できる
存在であることが最大の理由です。
とにかく国民から税金を搾取するだけでなく、「税金を払ってよかった」と思える社会に。
________________________________________

2017年11月22日(水)

先日取材のあった日経プラスワン、こちら(日経電子版)から見ていただけます。
あがり症についてです。
http://bit.ly/2zY5RQE

党派を背負った立場では、どうしても選挙で「敵」ができてしまう
政治家をやめた一つの理由がそれだった。政治色を抜くのに12年くらいかかった。
でも立憲民主党を応援しているのは、「政治的」というよりも、単
「まっとう」だからだ。他の支持政党がある方も、どうぞAHにいらしてくださいね。
_______________________________________
2017年11月23日(木)

以前オランダ人の友人と話していたら「オランダでは子どもを産むほど得を
することが多く、産まない理由を思いつくのが難しい」と。
彼女の友人は弁護士というキャリア女性だが、子どもが4人もいて
普通に暮らしていると。子だくさんの人にとって表彰なんてどうでもよくて、
育てやすい社会だと思う。

出生率関連は実は難しいテーマです。世界的に見れば人口増はよくないことです。
また、「お国のために産めよ、殖やせよ」も人権蹂躙です。
でも、出生率が低すぎる国とは何なのか。そうやって考えると
、結局は「人間として暮らしにくい社会」ということなのだと思います。
_______________________________________
2017年11月24日(金)

香港旅行中のAH仲間が、誠品生活というお洒落な書店で撮ってくれました。
日本の書店より扱いがよいような・・・。
https://pic.twitter.com/tGYkvOlmp8_

本にも書きましたが、トラウマを受けた人にとっては、
長い目標は無理です。「将来〇〇として今の経験が役立つね」など
レベル高すぎ(要は病気をわかっていない)。
午前中に電話で話して、「午後の4時に電話で話すから、
夕方までの半日契約で生きてね」くらいでないと無理なんです。
________________________________________
2017年11月25日(土)

宝塚市の職員の方に「中川市長、どうですか?」と聞いたら、
指示が的確で働きやすい、と言っていました。中川さんの性格を
知る私としては、その感想は本音だと思います。
これからもよい宝塚市でありますように。

今日しみじみ感じたのですが、衆院議員だった時代に仲が
よかった議員は、党派が違っても信頼感でつながっているのです。
こういう政治家ばかりだといいのですが
(オレサマ式被害者意識で徒党を組むのではなく)。
________________________________________
2017年11月26日(日)

1月に出すもう1冊の本の初校が終わりました。女性向けの本なのですが、
男性にもぜひ読んでほしいです。1月4日刊行予定、と聞きましたが、
もっと正確にわかったらまたお知らせしますね!

1月刊行の本は、執筆することによって私自身が「加齢の恐怖」か
脱しました。若い方にも当然読んでいただきたいのですが、
「女性は加齢によって劣化する」と思っている方必読です!
________________________________________
2017年11月27日(月)

わたしは思う:座間殺害事件 ネット読み解く教育を
精神科医、元衆院議員・水島広子さん – 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171127/ddm/041/040/129000c
(なんか写真がお相撲さんみたいですが)

1月発刊の女性向けの本の編集者の女性が、「私もこの本で、
先生のようなプロフェッショナルで屈託ない女性を
目指します」というメッセージをくださいました。
「屈託ない」という初めての誉め言葉(天衣無縫と言われたことは
あるが)にものすごく感激しました。

私は「生きていればいいことがあるから」と人の自死を防ごうと
する言葉が嫌いだ。自死にまで追い込まれたその人を、
さらに「周りに振り回される人」にしてしまうから。
うつ病やトラウマの治療も含めて、今すぐ始められるのに。
その説得ができないのは専門家としての能力不足だと思う。

ものすごく久しぶりに、民主党時代の同僚議員だった人からSMSが来た。
今日の毎日新聞を見た、とのこと。しかしまあ、返事をした
ら文字数が多すぎると拒絶されて、私、そろそろ自分を旧人類だと
分類しなくちゃ。(普段SMSほとんど使わないので)

私にとっての至上価値は自由。だから、使いたいときにものがない
、という不自由さが嫌い。校正用の赤ペンとか異常にたくさん持っている
(贅沢が好きなのとは違う)。
父が9年半前に亡くなって遺品の整理をしていたら、なんと父も
お気に入りのペンを異常にたくさん持っているではないか! やはり親子。
________________________________________
2017年11月28日(火)

本当に、先日のトークイベントは、貂々さん含め、会場の温度が「ぽかぽか」
でしたよね。
7月のイベントのときは、何か質問が出るたびに貂々さんが
頼りなさげに私に「どうしたらいい?」目線を送ってきていたのですが(笑)、
今回はそれがなかったんです。温かい会場に、見事にとけこんだんですね。

kindleを買ったので(昔買ったアメリカ用のkindleしかもっていなかった)
さあ、書棚を片付けてきれいな生活に入るぞ~と息巻いたが、
私の書棚にあるような本は、kindle化されていない。私が変なのか世の中が変なのか。

せいぜい、日本語版DSM-5くらいkindleにしてくれないのかしら。あんな重い本、
毎日持ち歩けないし。儲かると思うけど、儲からないとしても本当の社会貢献ですよ。
特に、DSM-IVに満足していた私には、そのくらいのグッズで慣れるしかないんです。

9年半前に父が亡くなった時、本葬でなく家族葬の方で、イタリア人神父が
「水島裕さんは社会にとても貢献してこられました。だから天国に迎え入れられます」
と言ったのは最高に腹が立った。なんであなたが決めるの? あなた
、父のことどれだけ知っているの? 父の魂は今でも私の近くにいるのに。
_______________________________________
2017年11月29日(水)

今朝はアラームをつけ忘れ、あやうく診療に遅刻するところだった
が、患者さんから電話がかかってくる夢を見て、「とらなきゃ」と
目を覚ましたら、もちろん電話などかかってきていなかった。
結果的に仕事に間に合う、という不思議な体験をした。

2月18日に、「自分は気分変調性障害では?」と思う方向け
のワークショップを開きます。「自分はダメ人間だ」
「今はほめられてもいつか正体がばれて失望される」「自分のネガティブさが嫌」
という方はご検討ください。 詳細は http://bit.ly/2Ak0YyK

不思議なのが、「気分変調性障害を診てくれる医者がいない」とい
相談なのです。確かに摂食障害やトラウマは特別な能力が必要だと思いますが、
なんでうつ病圏の病気が診られないのだろう? かつての「神経症性うつ病」とか
いう分類を信じて、人格の問題だと考えているのかしら?
________________________________________
2017年11月30日(木)

私、すごく厭世観の強い子だったので、こんなに大好きな人たちに囲まれて生きるなんて
想像もしていませんでした。確かに今が一番幸せかも。

毎日新聞27日の社会面に載りました。 https://pic.twitter.com/scKCtgtbru
はい。実は「気分調整障害」のワークショップ、昨日お知らせしたらもう
すでに定員に達してしまっているのです。よい感じだったら、また開催しますね。

診療を終えた後自分の眼科に行き視野検査を受けていたら、何回かウトウ
トしてしまった。一応自己申告したが、申告しなくても
「はい、眠そうな視野ですね」と尊敬するドクターに言われてしまい、恥ずかしいです。

【定員埋まりました】自分は気分変調性障害では?という方向けのワークショップを開きます

このワークショップはおかげさまで定員に達しました。

****

自分は気分変調性障害では?という方向けのワークショップを開きます。

「対人関係療法でなおす 気分変調性障害」(創元社)を読み、
「自分はこれかも」と思った方が対象です。
「病気って書いてあるけど、自分の場合は自分が悪いんじゃないかな」と
思う人も、大歓迎です。
(主催は、水島広子こころの健康クリニックとなります)

午前:気分変調性障害についての知識の整理

午後:アティテューディナル・ヒーリング(AH)の体験を通して
本人とより楽で効果的な関わりができるようになるための練習

というプログラムになります。

ファシリテーターは水島広子(午後は安斉知子と共同)がつとめます。

参加要件としては、以下の3点を全て満たしていただく必要があります。

(1)自分は気分変調性障害だと思う人、あるいは、「もしかしたら」と
思っていること

(2)「対人関係療法でなおす 気分変調性障害」(創元社)を
それなりに真剣にお読みいただいていること
(関連書籍として、該当すると思われる方は「『他人の目』が気になる人へ」
(光文社)、「対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD」(創元社)も
併せてお読みください。)

(3)「怖れを手放す」(星和書店)をじっくりとお読みいただき
アティテューディナル・ヒーリング(AH)の概念に触れておられること

もちろん、(2)(3)とも完璧な理解を求めるものではなく、
当日いくらでもご質問いただけます。
両方の書籍をご持参ください。
入手が困難な方は、clinic@hirokom.org  までご連絡ください。

日時:2018年2月18日(日) 9:30~16:30
(昼休み1時間、午前午後に短い休憩あり)

場所:水島広子こころの健康クリニック

地下鉄都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩4分
地下鉄南北線「麻布十番」駅より徒歩7分
地下鉄日比谷線「六本木」駅より徒歩11分
(参加者の方には地図をお送りします)

定員:約13名
参加費:19,440円(消費税込み) (簡単な飲み物とお菓子が出ます)

* 参加ご希望の方は、clinic@hirokom.org  までご連絡ください。

* お問い合わせはclinic@hirokom.org までお願いします。
* 受付担当のスタッフと、当日対応のスタッフは別の者になります。
* あくまでも治療行為ではなく、教育目的のプログラムですので、ご了解ください。
* 長時間のワークショップなので、カジュアルな格好でお越しください。
* 最少催行人数は10名です。10名に達せず、当日イベントそのものが
キャンセルされた場合、それまでお振り込みいただいた金額は
全額返金いたします。

* クリニックそのものは未だに待機患者さんが多く、新規の受付が
できていない状況ですのでご理解いただけますようお願いいたします。

2017年10月のツイートより(抜粋)

2017年10月のツイートのうち、
反響の大きかったものを抜粋してまとめました。
________________________________________
2017年10月02(月)

人が健康な自分とつながっていく(つながりを取り戻していく)様子は、
力強く美しい。そういう現場に立ち会わせてもらえる仕事でよかった。
人が「今何を言っているか」よりも「どうやって生きてきた人か」は
とても重要だと思う。もちろん、過去に間違いがあってかまわない。
それを本人がそのまま認めていれば。「過去の間違いを認める」ことも、
「どうやって生きてきた人か」の一部だから。
_______________________________________
2017年10月03日(火)

私は枝野さんが好きだ。何度も一緒に飲んだ。
宇都宮出身の彼のご家族だけでなくご親戚も全部知っている。
間違いのない人だ。ただ、今までの枝野さんは、私から言わせると
「頭がよすぎて1回転半してしまうから、逆の方向に見える」だった。
今回ようやく枝野方向になってくれて嬉しい。

枝野さんはよく「水島だけは敵に回したくないなー」と言っていた。
この路線で頑張ってくれれば、敵になんかなりませんよ。
安心してください。

演説中なら留守電になって迷惑がかからないかな、と思って携帯に
電話したら本人が出ました! 変わらない枝野さんでした。安心。
枝野さんは「1回転半」のせいで、松下政経塾出身だと
誤解されることが多かったけれど、全然違います!

国会議員は現行憲法を順守する必要がある(もちろん改憲の手続きも憲法
で定められている)。日本は民主主義国家である。
これらの、教科書的なことを、枝野さんが新党を立ち上げてまで
主張しなければならないなんて、嗚呼。
________________________________________
2017年10月05日(木)

いろいろ逡巡はありましたが、「毒親」の本を刊行することに決めました。
来年2~3月になると思います。いろいろな本がありますが、
「癒し」につながる本を作りたいと思っています(もちろん、
「毒親」と定義されるような行為を肯定するものでもありません)。

育休明けの編集者さんと、産休前に書いた本(「毒親」の本)について
編集・刊行の打ち合わせをする(彼女は編集長に任せると言ってくれたが
私が彼女の復帰を待っていた)それぞれ1~2歳成長しているわけだし、
子どもがらみの経験も日々積んでいるわけだし、なんかいいな~と思った。

12月から、対人関係療法研究会(有資格者向け)を再開します。
すでにお申し込みが多いのですが、もう少ししましたら一般公開します。
事務局が突然職場放棄したので、しばらく水島が事務局ですので、
ご忍耐を。できるだけ頑張ります。

やはり臨床は楽しい。私のことなので、特に重い患者さんを引き受けることに
喜びを感じるのだが、信頼関係を作り、生命力を見つけていくこと、本
当にすばらしい体験だ。みんな頑張っている。本当に。
________________________________________
2017年10月06日(金)

昨日、ものすごく久しぶりに会った編集者さんに今年の苦労を語ったら、
その大変さに驚いたり共感してくれると同時に、「笑顔やお肌のツヤが前回と
おなじで、ほっとしました」とのメールをいただいた。
こういうところを見てくれているんだな、と何だか嬉しかった。
_______________________________________
2017年10月07日(土)

10月10日、NHK Eテレの「Rの法則」に出演します。テーマは「嫉妬」。
詳しくは http://bit.ly/2wE7xd0 。収録後、隣にいた山口達也さんに
「近くで見るともっとかっこいいんですね」と言ったら、
「カメラが回っているときに言ってくださいよ~」と。

私はずっと枝野さんの「妹分」みたいなものだったけれど(枝野さんは
私を怖がっていたが)、若い頃の枝野さんには「1回転半」の問題だけでなく、
政治家寿命を考えたときの計算みたいなものを感じたこともあった。
でもこの年齢で、この動き、間違いなくやってくれますよ! 100%信頼。

政治ネタをツイートするとフォロワーが減るのが今までの傾向だったが、
今回は違うみたい。そこにも新しい流れを感じてよいのかな。

選挙はふたを開けるまでわからない。でも今回、「新しい勢力」の
演出をしようとした人たちが有権者に消化不良を起こさせていて、
意外なところから本当の「新しい勢力」が出てきたこと、なんか
日本で初めて民主主義が機能しているような気になる。頑張れ、日本。
_______________________________________
2017年10月8(日)

宇都宮は保守王国なので絶望を招きがちだが、「真面目な人たちの集団」と考えると、
いくらでもチャンスが広がる。今でも交流のある皆さんは、本当に地域や日本のことを
まじめに考えている方たち。私の誇りなんです。

政策を見て「癒される」というのは不思議な体験だが、私は立憲民主党の政策を見て、
まさに癒しを感じた。多様な社会のこまごまとしたところまで手が届いている、
優しい眼差しのようなものだろうか。心が楽になった。

うまくいくと、12月、来年1月、2~3月と、全く違うテーマの本を刊行できそう。
また水島ラッシュが戻ってくるのは嬉しい。回復するから本が書け、本を書くことによって
回復が進む。私にとって執筆とは癒しなのだ、と気づいてから、
書くべき本が何なのか、よりわかるようになってきた。

________________________________________
2017年10月9日(月)

枝野さんが誰よりも一番頑張っているのは紛れもない事実ですが、
スタッフの皆さま(これまた民新党のスタッフが表立って使えないらしく、
所属議員のスタッフのそれぞれができることをやる状態、みたいです。
まさに「議員以外、選挙が終わったら寝ていいから本当に頑張って」です。

________________________________________
2017年10月10火)

私の原稿の「よさ」に気づいている編集者さんに感動。
「売らんかな」の人だけではないんです。
自分の編集という仕事をとおして、世の中をよくしたいんです。
そんな人と知り合えただけで私は涙ボロボロです。

これが地元の「みなと子ども食堂」。うちの家族がスタッフとして
参加しているのに、うちよりも食事が豪華なのはなぜ????(笑)
https://minatokodomosyokudo.jimdo.com

先日「プレジデント」から連絡があって、桜蔭卒業生特集をするけれども
写真を提供してほしいと言われた。私は桜蔭が好きでないので、
と返事をしたら、詳しい事情を聞かれたのでメールで返事した。
最初の食いつきはよかったが、最終的には文字数の関係で写真のみになると。何だかなあ。
________________________________________
2017年10月11日(水)

しかし、枝野さんがこれだけの短期間で政党をたちあげ選挙に堂々と
取り組んでいるという事実は、その実行能力の高さと共にずっと歴史に
刻まれることだろう。
追い込まれたところから逆に素晴らしいものを作り出しているのだから。
「立憲民主党」がなぜ必要なのか、の説明として政権批判は必要だと思いますが、
怒りのエネルギーで行う必要はなく、目指すものに向けて、
共生社会の温かいエネルギーを込めて、進んでいけるとよいですね。
前回の政権交代には希望を持てませんでしたが、今回は注目しています。
________________________________________
2017年10月12日(木)

診療を終え、日経新聞の取材を受け、電話診療を終え、「親」(いわゆる「毒親」)に
ついて考えるAHのワークショップ用の資料を作っているところ。
事前アンケートから、すでに、「一人ひとり頑張ってきたんだな」が伝わってきて
ウルウルしている私。よいワークショップになりますように。
_______________________________________
2017年10月13日(金)

上の子(娘)と一緒に期日前投票に行ってきました。
昨年18歳になったのでうちの票が1票増えました。
一人一票には違いないのですが、ちょっと得した気分です。
もちろん本人の考えで投票させています(私と同じ投票先にはなりますが)。

思うに、日本はその乏しい外交力を、憲法9条によってカバーしてきたと思う。
外交力もつけないで9条改憲などしたらどうなるのか。
外交力のなさを自覚しているのか。
所詮はアメリカのポチになるだけなら、何のための改憲?

そういえば、私の両親は、憲法で保障されている「政治の自由」を理由に、
誰に投票したかを夫婦間でも親子間でも明かさなかった。
何を大げさな、と子ども心に思ったものだが、
それほど重要な権利なのだということはよく刷り込まれた。
________________________________________
2017年10月14日(土)

怒りをエネルギーとした選挙は、ただちに結果が出ないと「何で!!」という
怒りに転じる。きわめて短命。でも、「種はまかれた。育てていこう」という
姿勢を有権者が持てれば、一人一人を大切にする政治を育てていくことができる。

他人に攻撃的な考えを向けるということは、その攻撃のエネルギーを自分でも
受け取っているということ(自分が吐いた毒ガスは、自分で吸うことになる)。
私は攻撃されても、「まあ、相手が弱るだけだな」と思うようにしている。
________________________________________
2017年10月15日(日)

「絶対裏切らないでくださいね」というのは、立憲民主党に対して心から言いたいこと。
候補者の中に、9条改憲論者がいることは、少なからずショックだった。
私は枝野さんを信じているし、うまくまとめてほしいと思っている。
裏切られたときは・・・わかっていますよね。
________________________________________
2017年10月16日(月)

インフルエンザワクチン接種に行ってきました。
今年は、麻布十番で開業した同級生のところで頼みました
。便利なところに開業してくれてありがとう!
同級生ネタもちょこっと弾んで、楽しかったです。

人をうるっとさせる政治演説。これがおそらく、民主党→民進党に
欠けていたものなのだろうな。(後者には私は無関心。前者には
よいところもあったが何となく青年将校の集まりっぽかった)
枝野さん頑張れ。

枝野さんを産み育てた宇都宮に、立憲民主党の候補がいないとは
なんと情けない・・・。私の友人達も困っています。
それでも枝野さんにとって宇都宮は特別な場所。
「枝野発祥の地」なんです。うまくプロデュースしてくださいね。

インフルエンザワクチンについては様々な意見があることを知っています
。「毒」と呼ぶ人もいるくらい。でも、ワクチン接種しない年には
ほぼ100%かかり、診療や講演など「外せない」仕事が多く、
診療のために解熱剤を使った年には低体温で死にそうになった私には、
本当に必要なものなのです。

栃木を嫌いになるなんて、あり得ませんよ! 皆さんに本当によくしていただきました。
F派の方ですら、「あんたには感心した」と。
唯一、困ったのは冬の寒さでした(笑)。今もちょくちょく栃木に行っていますし、
ふとしたときには栃木弁も出ますし、私の第二の故郷は間違いなく栃木です。

12月刊行予定だった本が1月にずれこみ、1月に2冊刊行される見通しとなりました。
全く違う本なので、両方ともお楽しみに。新しい企画もいろいろ始まっています。

私はデング熱ワクチンの開発を心待ちにしている身ですが(デング出血熱まで
やってしまったので、大好きな暖かい国々に行かれない)、
娘に子宮頸ガンワクチンは打たせていません。
もちろんワクチンは異物。他に回避する手段があるときは、異物接種には消極的です。
________________________________________
2017年10月18日(水)

今年は大変な目に遭ったが、結果として今私は「天性のクリニック受付スタッフ」と
「天性のAHファシリテーター」という願ってもなかなか得られない人材に働いてもらっている。
こんなに一流の人たちと、(私のいい加減さもカバーしてもらいつつ)仕事ができるのはすごく幸せだ。

立憲民主党が支持されるのは当然だと思う。
民主党ですら「選挙のための寄り合い所帯」と言われてきたのに、民進、ついには希望との合流など、
どういう神経か(都議選でも、民進からの乗り換え組は苦戦したのに)。
私は自分が民主党で政治活動に入って以来、立憲民主党に最も潔さを感じている。

そもそも民主党が「寄り合い所帯」であったのは、連合の事情もあったけれど、
その方が選挙に有利だという判断はあった。でも今回の立憲民主党の勢いを見ると、
別れたことが正解だったと思う。私も、反原発の自分を組合室に監禁した電力総連の人たちと
一緒にやっていけるとは思えない。

これらのことを自由に発言できるようになったのは、自分が選挙をやめたことと、
枝野さんのおかげで、こういう発言をしても仲間に迷惑をかけずにすむように
なったから。枝野さんありがとう!

なぜこんなにすっきりと応援できるかと言うと、候補者・現職時代を通じて、
地元などで開口一番「民主党はバラバラだから・・・」と耳にタコができるほど聞かされたから。
だからバラバラでない立憲民主党は、とてもまっすぐに応援できる。
「バラバラ」以前に、政治的スタンスや政策を語れる。

実は私は議員をやめてからも、いろいろな議員や関係者と関わりを持ってきたが、
枝野さんとの関わりだけは意識的に避けてきた。年も近く兄のように身近でかつ尊敬できる
枝野さんが「もう一度政治をやってよ」と言ったら断る自信がなかったから。
今、それぞれの形で世の役に立てているのが嬉しいです。
________________________________________
2017年10月19日(木)

直球でリベラルな訴えがこんなに多くの人に支持されるとは思っていなかったので感動している。
そして、選挙の結果がどうなろうと(投票箱の蓋が閉まるまで頑張りましょう!)、
それだけの数の人がこの時点で立憲民主党を支持したという事実は未来への希望に他ならない。

私は最初の選挙では栃木1区で小選挙区当選したが、2回目は地元活動を怠ったために
(相手は浪人で雪辱戦だったし)比例区での復活当選となった。
地元の船田派の人達からの評価が高まったのはそれから。
「ダブルスコアでつぶしてやるつもりだったのに、大したものだなあ」と。
票数は存在感になる。
________________________________________
2017年10月20日(金)

親しい後輩からのメールに、「希望の党も勝手にぽしゃってしまったので、
結局、自民党が勝つのかなと思いますが、でも、新しい息吹きが確実にあることは、
なんだか安心感があります」と書いてあった。
まったく同感。そして後輩をもっと好きになった。

枝野さんの誠実で温かい姿勢、政治についての深い造詣、驚くほど賢い頭脳は、
直接街頭演説を聞いた方なら肌で感じておられると思う。
私が自分はとてもラッキーだと思うのは、枝野さんを個人的によく知っていること。
今枝野さんが皆さんに見せている姿が、枝野さんの自然体だと知っていること。

私は枝野さんのご家族をよく知っているのですが、枝野さんのお父様は
サラリーマンだったところ会社の倒産により失業も経験され、
その後宇都宮で小さな町工場をやっておられます。
世襲が約束されて、当たり前のように国会議員になる人とは全く違います。

実は私は落下傘で宇都宮に行ったとき、枝野さんが宇都宮出身と
知りませんでした。薬害エイズの国会審議は見ていましたから、
「国会ってなあなあじゃないんだ」という私の原体験は枝野さんなのですが、
宇都宮で政治活動を始めて、妙に親切な一家がいると思ったら枝野さんのご家族でした(笑)。
________________________________________
2017年10月21日(土)

私は、ものごとをわかりやすく説明できない人はニセモノだと思っている。
専門用語に逃げる人は、その本質がわかっていないのだな、と気の毒になる。
もちろん枝野さんはわかりやすく説明できる人です。

翌日のことを考えてワクワクするなんて久しぶり。私は明日の選挙結果がどうであろうと受け入れようと思う。
絶望だけはしないつもりだ。表面的なことに反応せず、今回の選挙で明らかに育ち始めたものを大切にしたい。

今朝新聞を読んでいて、「どの政党も・・」というネガティブな文章を見つけて
「なんで勝手に決めつけるの」と思った。政治家として取材を受けていた頃もそう思っていたが、
政治部の人と社会部の人の区別がつかなくなってきたように思う。
だから政治がしらけてきた、という側面はあるんじゃないかな。

そうなんです。「お願い」「お任せ」文化から脱する道筋が見えました。
「誠実に頑張る」「励まして支える」という、政治と有権者の新たな関係です。
________________________________________
2017年10月23日(月)

選挙から一夜明けて、大きく見ると政治の状況は変わっていないようだが、
立憲民主党が野党第一党として活躍していくことを楽しみにできるし、
何と言ってもこれだけ多くの誠実なエネルギーを託された人たちの「次」は
(もちろん次の選挙という意味もあるけれど)、「現在」として、もう始まっている。

(1) 栃木1区で小選挙区当選した自分の初選挙を思い出す。
与野党の構造は変わらなかったけれども、栃木には明らかに新しいものができた。
選挙区の雰囲気はがらりと変わった。「誰に投票したらいいかわからない」
「誰の活動を手伝ったらいいかわからない」の終焉だった。

(2) 選挙の時だけでなく、活動報告を続ける私を、任期中多くのボランティアの
皆さんが支えてくれた。その多くが、それまで政治に関わっていなかった人たった。
私が栃木を離れた後でも、自主的に勉強会などを続けてくれている。

今回が日本で最後の選挙だった、ということにならないように、立憲民主党に望むこと。
(1)下手な数合わせのために妥協して信頼を失わない
(2)高度な質の国会論戦をする(枝野さんが出過ぎてもよい)
(3)強行採決に対するくだらない身体的抵抗をするのではなく賢く主権者と連携する

(3)について補足。本来よりよい結論を導くための話し合いをする場である国会で、
話し合い(最近はしばしば説明すら)の姿勢も見せず一定時間で採決、
という与党には本質的な問題がある。しかし、そういう与党に対しては、
より賢い戦略が必要。ちなみに私の在職中、身体的抵抗が奏功したことは皆無。

共産党が議席を減らしたことについて、共産党とは関係のない私の友人が「かわいそうに」と
ぼやいていた。立憲主義と民主主義を守るために、本当に「身を切る改革」をした
共産党には敬意を表する。

そうなんです。自由競争ですむところはむしろそれがよい。
でもそこからこぼれてしまうテーマを拾って扱っていくのが政治だと思います。
これはむしろ立憲主義に関わる部分ですね。

私がこのたび立憲民主党をあからさまに応援したのは、古巣だからではなく、
今の日本にとって本当に立憲主義と民主主義が大切だと思っているからだ。
平和憲法を残し、子どもや孫の世代に誇りを持てるよう、できるだけのことはしたい。
_______________________________________
2017年10月24日(火)

「多様な立場の人たちが政治を安全に語れる場」。これ本当に大切ですね。
そこからしか相互理解は生まれてこないのですから。AH引き続き頑張ります。
________________________________________
2017年10月26日(水)

細川貂々さんの宝塚市大使就任をお祝いして、宝塚でのトークショーを行います。
先着150名様だそうです。ぜひお越しください。
https://twitter.com/ttoshokaninkage/status/923001227125841920…

明朝9時50分~のフジテレビ「ノンストップ」に、声と写真だけちょこっと出演する予定です。
女子関係のテーマです。

こんな滅茶苦茶をやっている首相に物申す人がいないとは、自民党はどこまで劣化しているのか。
小選挙区制と、郵政選挙の後遺症で党執行部に逆らえなくなった結果、ついにここまで来たという感じ。

自民党の支持者と安倍首相の支持者は、こういうときこそ「しっかりやれ」と激励すべきではないのか。
その人たちにとってはせっかくの自慢の首相なのだから。

安倍さんと枝野さんの党首討論も楽しみなのに、この調子では逃げ切られてしまうのではないか。
現在の国会の異常事態は、開くべき時に国会が開かれるという当たり前をも反故にしている。
まるで違う国になってしまったかのようだ。

私は今確かに立憲民主党を応援しているけれども、それとは違ったレベルで
(つまりより高位のレベルで)国会の形骸化・空洞化を深刻にとらえている。

今日診療後に受けた取材では、怒りについていろいろな角度から話していたら
記者さんがだんだん笑い出して、「なんだか怒りが楽しくなってきました」だそうです。
今日は写真家の方も見えて撮影してもらったのですが
、どうもいつも診療後のヨレヨレの姿を撮られることが多いのがなんとなく不満。
________________________________________
2017年10月27日(金)

政治家に圧力をかける一番の方法は、地元の事務所に「こんなことではもう自民党に
投票できない」と伝えること。最近の「逃げ回り」は、
地方の元祖自民党支持者でも「おかしい」と思うはず。
政策ではなくやり方で地元の御重鎮を動かせれば一番。
国会事務所ではなく地元事務所へ、がポイント。

なぜ地元事務所か、と言うと、それが議員生命(選挙の当落)に直結するから。
テレビが何と言おうと、地元の有権者がすべてを握るのが現実。
連れ立って地元事務所に押しかけ、その後電話で「あれはどうなったか」と
折々電話をする。それも、与党が党議決定する前であることが必要。

私が選挙に出ていた頃は、それまで自民党に投票してきた人も投票してくれた
(そうでないと勝てない)。それは、「おかしい」を共有できたから、とも言える。
子どものことがないがしろにされていておかしい、というように。

今の政治状況についてできることは、リアル政治の監視とまっとうな勢力の
応援をすること。また私においてはAHに割く時間をもっと増やすこと。
AHは政治から見て外野のような活動だが、実は最も中心に位置するものでもある。

最近いただいたメールでとても嬉しかったのは、立憲民主党は自分たちの姿勢を
説明するための必要最低限しか他党の批判をせず、
枝野さんや福山さんの演説には、AHで私たちが最も価値を置いている心の平和があったと。
AHは疎外ではなくつながり。政治に必要なキーワードがちりばめられている。
_______________________________________
2017年10月28日(土)

今日はAHの「親(いわゆる毒親)について考えるワークショップ」でした。
すぐに定員が埋まってしまう人気でした。とても温かい一日でした。
感想のときに「こんなに重いテーマでも、ふとしたところで
自然に笑いが出るのがAHのよいところ」と言っている人がいて、
同感でした。本は3月刊行予定です。

AHの仲間達とは、一言で言えば「AHの日にしか会わない」のですが
、十分「親友」感があります。何でも受け入れてくれる大きな家族みたいな感じかな。
「パートナーの社会化」については1月刊行の本に書いたのですが、
AH体験に基づくところが大です。

AHの仲間達との「家族感」について考えてみたが(ちょっと新興宗教的な表現だなと思って)、
評価を手放し、相手の現在と共にあるAHは、
相手と自分の本質であるあたたかいこころの触れあいになるし、
防衛せずに何でも話せるし、「正しさの綱引き」もせず人の話を聴ける。だからだろうな。

というわけで、私はAHに参加してくれるすべての人をとても愛おしく思っているのです。老若男女問わず。

私は犬が大好きだが(うちにもいる)、犬を見ていると人間心理もわかりやすい。
犬は、怖がると吠えて攻撃的になる(でも小心者のうちの犬は、
しっかりあとずさりしたりしている)。
怖い相手が自分の敷地に入ってくると、反射的に咬むようだ。
怖れを攻撃で表現する、原型なのだろうな。

「自分は反対だけれど、党が・・」という言い訳には騙されないでください。
「党」なんて物体はなく、所詮は議員の集まりなんです。
「〇〇先生のご意見なら、自民党の皆様も耳を傾けるんじゃないですか?」とちょっとプライドをくすぐるのも手。
________________________________________
2017年10月29日(日)

「党が・・」について。民主党の幹事長だった菅さんに、同期当選の女性議員と共に
「党内の会議は禁煙にしてほしい」と申し出たことがある。
菅さんの答えは、「これこそ政治だから、代議士会で発言してご覧」。
みんなが諦めているところに切り込んでいくのが政治、
と教えてもらったのは自立の第一歩。

前も書いたかもしれないけれども、私の選挙区の地方議員は私をいじめていたらしい。
ある日、水島シンパの地方議員「もう見ていられないから会派を抜ける」と。
私は「むむ、抵抗勢力。これこそ政治だ!」と盛り上がっていたので、
いじめと見抜くことはできませんでした・・・。

ごめんなさい。敵意もなく菅さん擁護でもなく、私が素直に思ったこと。
政治家の集団は会社員とは違って、どれほど新米でも一つの選挙区を背負ってきている。
その誇りと責任を忘れてはならない。
だから、「自分で言え」は至極全うだと思ったし、
私自身は「ほう、菅さんは政治をわかっている」と思った。

菅さんは、後輩には余計な口出しせずモチベーションを高める人です。
初当選した直後に「まず一つ法案を作るとしたら何?」と聞かれ、
「性暴力など、大人と子どもの情報の棲み分けをしたい」と言ったら
私が反発をもたれないように、私は事務局長、座長はH議員、と考えてくれました。
育てる人です。
________________________________________
2017年10月30日(月)

献金先を、立憲民主党にするか、枝野幸男さんにするか、かなり迷ったが、
とりあえず今の私が確実に信頼できるのは枝野さんなので(福山さんも、
もちろんですが)今年は枝野さんにすることにした。
一応、毎年のMVP的な政治家や党に献金しているのだが、今年はさすがに枝野さん。
________________________________________
2017年10月31日(月)

枝野さんが野党第一党の代表になったおかげで、今まで特殊テーマでしか
表に出てこなかった枝野さんの全姿勢が見るようになったのはよかった。
本人をよく知るから言えるのだが、枝野さんは絶対に「批判のための批判」はしない人。
発言から多くを学べる人だ。政治の質をぐっと高めてくれることを期待。

今日は根を詰めて本の原稿を書く日です。
思えば、初期の本は、1章仕上がると編集者さんに送っていたものだけれど、
今は1冊書き終わってから送ります。構成力がついてきたのだと思いたいけれど、
初期は1章ごとに「これで大丈夫」と編集者さんのお墨付きをもらわないと心配だったのかも。

全タバコ労組からも、紫煙がくすぶる組合事務所で
「禁煙議連をやめないと応援できない」と脅しに近いことを言われた。
さすがに医者だから無理、今やめると目立つからタバコ産業に不利、
と頑張ったが。タバコの害から労働者を守ることが労組の役割なのでは?
とすごく違和感があった。

愛川欽也さんがご存命だった頃の話。TVの打ち合わせ中に、
「タバコとアルコールとどっちが悪いか」の話になった。
私は受動喫煙のことを考え「絶対にタバコ」。
愛川さんは「タバコ吸ったからって人に暴力ふるったりしないでしょ。
アルコールの方が害悪だ」と。それぞれの考え方があるものだ。

AHでは、人が泣いていても「ティッシュを渡さない」ことがルールだ。
泣いている人にティッシュを差し出すのは一般には善意だが、
「あなたは泣いているべきではない」
「あなたが泣いていると私は苦しい」というメッセージにもなり得るから。
ありのままで共存するAHならでは。

(1) かわいらしかったのが、ジャーナリストの田岡俊次さん。
政治家による煙害にも触れた著書「国会議員を精神分析する」を献本してから、
田岡さんは「水島さんがいるから」と、打ち合わせのとき喫煙しなくなった。

(2) 「いえいえ、田岡さんの話のおもしろさと受動喫煙の害とを
比較して私なりにここにいるんです。
田岡さんの話にそれだけの魅力がなくなったら出ていきますから」と
言ったが、それ以来私の前で喫煙することがなくなった。
稀有な「ハト派の軍事評論家」の田岡さんのことは今でも尊敬している。

田岡さんと言えば、番組終了後には愛車プリウスで同じ方向の人を乗せていく
親切な人だった。半年待ってプリウスを入手したというので
「プリウス、どうですか」と聞いたら、軍艦レベルで一生懸命説明してくれた。
さすが田岡さん。

2017年9月のツイートより(抜粋)

2017年9月のツイートのうち、反響の大きかったものを抜粋してまとめました。
________________________________________

2017年09月05日(火)

20年近く信頼してきた人権派敏腕弁護士さんと最近関わって「私は弁護士の方が向いていたかも」という夢がすべて平和的に解決した。確かに弁護士も精神科医も「代弁者」というところでは共通するが、弁護士に向いているのは彼女、そして私は精神科医、心を癒す役割でいいんだ、と。

_______________________________________
2017年09月06日(水)

最近の尋常でない苦労がたたって、今日は目の下にすごいクマがあったけれども、診療後に出版打ち合わせに来た編集者さんは「先生は、若いときの写真も、テレビでの顔も、今日も、本当に変わらないのですね。変わらない人っているんですね」と言われて、まあ、よいところだけ受け取ろうと。
________________________________________
2017年09月07日(木)

今回の災難で、対人関係療法の専門家養成のための研究会も休止してしまったのだが「再開のために何でも協力します」という声を専門家たちからいただいてとても嬉しい。「治療するほど人を好きになる」、そして効果もある対人関係療法に、多くの方が関心を持ってくださっている。

私は決して粘り強い人間ではないが(何かが腑に落ちるまですっきりしないので考え続ける、というのはあるが)唯一、「患者さんを諦めない」という点では粘り強いな、と今日気づいた。

私は人に誇れるものがあまりないので、「患者さんを諦めない」を自分の長所として認めていきたいと思います。「この患者さんに自分は役立てない」と思ったことも実際ありましたが、「では誰が?」となると思いつかない。それなら自分が責任を持とう、とやってきました。

________________________________________
2017年09月08日(金)

娘からの「オススメ」映画やドラマは難しい。「ほう」と思うものもあれば、ジェネレーション・ギャップや趣味の違いのために「?」と思うものもある。でも、彼女の「オススメ」を私が見ると喜ぶのは確かなので、見るようにしている。

_______________________________________
2017年09月09日(土)

AH三昧@大阪の11月三連休です。入門のほかに、実践ワークショップ(4日)あるいは「ゆるしについて考えるワークショップ」(5日)にご参加いただける方は、トータルで1000円割引です! https://twitter.com/ahj_bot/status/906413531435814913…

私・水島広子がファシリテーターをします。大阪AH三昧の締めくくりにどうぞ! https://twitter.com/ahj_bot/status/906413535781154816…

今の私はひどい災難を受けている。まあ善意から発したものだから受け入れるしかないと思っている。しかし自著「運のいい人、悪い人の心の習慣」に書いたようにアンラッキーと不運は違う。いろいろな人の優しさに触れて、やはり私は運がいいと思う。 http://amzn.to/2eUf5oy

私は小3以来完全な「教師不信」だったのですが、保育園の先生だけは神様みたいに思っていました。上から権威をかざす「先生」とは違って、本当に子どもに寄り添ってくれる、と感じたからでしょうね。上の子の小学1年の担任の先生が、「先生とは信用ならない」という私の信念を変えてくれましたが。

________________________________________
2017年09月10日(日)

私は大学時代念願の運動部(医学部体育会)に入ったが、低学年の頃は先輩の理不尽な要求に「そうそう、こういうのを体験したかったんだ」と一生懸命応えたが(男子先輩からの布団蒸しも含めて!)、自分が上級生になると、下級生に理不尽を押し付けるのが精神的に苦痛になって退部した。この歳になるまで知らなかったです。(阿川佐和子さん)
________________________________________
2017年09月11日(月)

NY同時多発テロの日に生まれた下の子は、今日で16歳。一つの命を懸命に産んだ日に、多くの命が人為的に失われた、という日。世界の歩みについても、我が子の歩みについてもいろいろ思うところあり。

________________________________________
2017年09月12日(火)

「ぐれる」というテーマで本を書かないか、というお話をいただき、「書きたい!」「でもまだまだ落ち着いて本を書くほどの余裕がない!」というジレンマ。こんなところでブツブツ言っていないで、提案メールにお返事しなきゃいけないですね。

改めて気づいたけど、英語のアイルランド訛りって、日本語の栃木弁みたいな感じだな。後ろを上げておろす話し方がとても似ている。

________________________________________
2017年09月13日(水)

絶望の淵に沈んでいた患者さんを、何年も前に私が引きとった。当初は治療不信が強く、通院中、走る車から飛び降りていた。今でも彼女の人生は波乱だらけ。でも今日、彼女と久しぶりに会って感じたのは「大人になった」「かっこいい」ということだけだった。彼女が患者でいてくれて誇り。

週末収録のテレビ番組について、今日は2回目の打ち合わせだった。だいぶできた。詳細を公表してよくなったら、お知らせしますね。今のところのヒントは「放映は10月です」だけです。スミマセン・・・。

今日、死んでしまうかと思っていた患者さんが、華やかな、力強い回復を遂げてくださっていたのを知って、スタッフとともに大喜び。資格があろうとなかろうと、こういう「大喜び」を共有できないスタッフとの仕事は、なんだかどんどん滅入っていきます。今のスタッフはベスト!

拒食症の人には「こういう理由で低体重にしがみついているのですよ。だから、これができるようになれば、体重へのしがみつきが減るのですよ」と言って治療をしていく。一方、多くの「治療者」が、「体重が減ると心臓の急停止が起こり…」とか、脅すようなことばかり言って余計不安を強めている。

ありがとうございます。拒食症の患者さんは、若ければ、回復もすごく早いです。昔、思春期の患者さんが、あまりに言葉少なだったので、「この治療を受けて、何か感想は?」と最後に聞いてみたら、「もっと早くこの治療を受けていたらよくなったのに」と言ってくれて大感動でした。

私の記憶に強烈に残っているのは、専門家向け研究会に来てくださった、若い小児科医の先生でした。今までは脅すタイプの治療を行っていた。でも全然よくならなかった。それで、私の本を勉強した。そして、それまでの治療方針を謝った。そこから本当の治療が始まった。夢のようで本当の話。

________________________________________
2017年09月14日(木)

11月25日(土)、宝塚市のイベントに出席する予定です。詳細はまだ明かせませんが、午後にお時間のある方、ぜひ確保しておいてください。楽しいイベントになりそうです。
________________________________________
2017年09月16日(土)

今日はテレビの収録でした。とても楽しい収録現場でした。放映は10月10日ですが、告知可能になりましたらお知らせしますね。全国でご覧いただけます。

二十数年来のゲイの友人に、近況報告と愚痴。新たな視点に気づかせてもらった。私は人からアドバイスされるのが大嫌いだが、このゲイの友人の言うことだけは「ほう」と受け入れる。彼は比較的有名なゲイだが、普通に日常的にゲイの友人がいるような社会がいいな。

_______________________________________
2017年09月18日(月)

私は小さい頃「優しくない」と言われ(鋭すぎたらしい)、常に私と比較される兄が「優しい」と言われており(でも私には全然優しくなかったけど)、「優しい人って? 機嫌取りが上手な人?」と不審に思っていた。今思うのは、本質であるあたたかさがにじみ出る人が「優しい人」なんだな。納得。

雑誌の取材に来られた記者さんからハガキが届いて、「水島先生とお話しできたあとは、いつも何だか自分が強く優しくなれたような気持ちになれます。いつもすてきなお話、ありがとうございます」と。診療ではなく取材なのにこんなふうに感じてもらえるのは嬉しい。

________________________________________
2017年09月19日(火)

「どんなときもあなたの味方だよ」と言ってもらえることも嬉しいけれども、「どんなときもあなたの味方ですよ」と言える相手がいるのは、とても幸せなことだ。

他人に攻撃的な考えを向けるということは、その攻撃のエネルギーを自分でも受け取っているということ(自分が吐いた毒ガスは、自分で吸うことになる)。私は攻撃されても、「まあ、相手が弱るだけだな」と思うようにしている。

________________________________________
2017年09月20日(水)

私が患者さん関係者とのコミュニケーションを基本的にツイッターで行わないのは、(1)医師の守秘義務(現患者・元患者とも個人が特定されるのはまずい)、(2)今はカミングアウトすることがよく感じられても、人生のどこかの局面でそれを後悔するかもしれない。という理由です。

というわけで、精神科医として私と臨床的関わりを持った人には、ツイッター上では「冷たい」と感じられるかもしれませんが、ご理解ください。全く別名で、自由にお話しいただくのはかまいませんが。

私自身はゼロ歳から子どもを保育園に預けて働いていたが(そこそこいい子に育ちました)、尊敬する編集者は育児専業ママを終えてから就職し今は重役。我がスタッフの一人も、育児・介護に全力、隙間にパートを持ち前の責任感できちんとやってきた。みんな人生を真剣に生きている点では同じだな。

子どもを小さい頃から保育園に預けることのプラスの点は、社会性やしつけの面で親がよけいな心配をしなくてよい、親も自分の仕事ができるので、子どもと再会した後は「子ども時間」にできる、つまり「あなただけが大切よ」というメッセージを伝えられることだと思う。

16歳になった高1息子(野球部)の、テーピングとかを一緒に選んだ。沈黙系反抗期の息子と活発なやりとりができるのは、こういう限られたチャンス。私と同じ倹約精神も自発的に感じられて、うっとりする時間。

________________________________________
2017年09月23日(土)

今日は1年に1度の、AHファシリテーター・ミーティング。全国各地でAHグループを開催しているファシリテーターが一同に会して、実務的な話であっても、AH的な、平和で温かい空気の中で話し合っていく貴重な場。大好きな仲間達と会えるのも嬉しい。

午前中スカイプ参加した創始者ジェリー・ジャンポルスキーも言っていたが、今の世界情勢ほど、「まず自らの心の平和」に集中すべき時はないと思う。各自が自らの心の平和に積極的に責任を持たなければ、社会平和は実現しない。

社会に変化を起こしたければ、自分自身がその変化になる必要がある、とはマハトマ・ガンジーも言ったこと。

AHのミーティングは、各自が手伝える範囲で手伝って成立しているが、今年はお手伝いも多かった上に、AH仲間が立派なスクリーンを持ち込んでくれて、ジェリーのスカイプ画像がとてもきれいだった。年々進化している。そして男女比も年々均等に。

今日のミーティングは史上最多数の参加だったが、以前外の有料会場を借りたら「会議っぽかった」とむしろ不評。麻布のAHを故郷のように感じてくれている人が多いので、今日は思い切って全員収容。床が抜けるのではという私の心配は杞憂に終わり、窓を開けて気持ちのよい日だったので酸欠者もなし。

今朝起きて真っ先に頭に浮かんだのが「過去は終わった。私に触れることはできない」というAHのカードだった。昨夜ともこさんと前向きな話をして寝たからなんだろうけど。久しぶりによい目覚めだった。自分の自由を感じた。

________________________________________
2017年09月24日(日)

今年の新米を注文。私は震災前から、毎年滋賀から無農薬玄米(それも真空パック)を購入しています。子どもがうちで食べる機会も減って、本当はもっと注文量の調整をしなければならないのだけれど、「お米さえあれば」精神はなかなか強靭です。
________________________________________
2017年09月25日(月)

ようやく、地に足をつけて本が書ける時間が少しずつ出てきました。今年起こった悲惨なことを振り返ると、常に私にとって呼吸と同じだったのは、「患者さんの診療」と「笑うこと」でした。患者さんと笑いに支えられて、これからはもっと本が書けるようになる見込みです。

私は「死にたい」という患者さんに対して、「いくらでもそういう話は聞くけど、絶対に死なせないから。私は頑固だから、死なせないと決めたら、絶対」と言います。この頃、峠を越えた複数の患者さんから「先生の頑固さには呆れました(笑)」系のお褒めの言葉をいただいています。

総選挙を前に、2000年の総選挙を振り返りたいと、当時の地元・栃木の下野新聞から取材が。え~ 今更~と思いながらも、メールでお返事した。

「この人たちと一緒に働いていきたい!」と心から思える人と今一緒に仕事できているのがすごく幸せです。明るさ、共感、笑いがモットーかな。もちろんきちんとした仕事ぶりも含めて。これからどんどんよくなります!

________________________________________
2017年09月26日(火)

私は今経管栄養もできない外来のみクリニックですので、「死なせない」と決めた人には、本当に精神療法勝負です。人間同士の信頼関係の勝負、ともいえるのかな。温かい関係ができるので、人の生死を操作しているとは思いませんよ。

思春期の方のためのAHグループを考え始めています。18歳以下の方で、東京でワークショップやグループができたら出てみたい! と言う方がいらっしゃったら、個人情報なしに、ご希望をお書きください。 https://ws.formzu.net/fgen/S35838857/

変化の希望が感じられていない人に、変化の必要性を説くことは、往々にして暴力的になる。でもこういう状況が必要なことは事実で、その際には変化の必要性を説く人の専門性、人間性が問われる。

________________________________________
2017年09月28日(木)

今日出版打ち合わせに来た出版社社長から「それにしてもこんな短期間でクリニックを立て直したのはすごい」と言われ、確かに、いろいろあったけれども患者さんに大きな迷惑をかけずに診療を続けてこられたことを、すごいと思った。この難しい期間を支えてくれたチームに感謝。

この本の帯に推薦文を書きました。「支配・非支配関係について、豊富な事例や適切な助言を通して本質を理解できる、米国発の貴重な一冊。」
http://amzn.to/2hBQype

________________________________________
2017年09月29日(金)

娘に教えてもらったモハメド・アリの言葉。最後まで読んでください! Impossible is just a big word thrown around by small men who find it easier to live in the world they have been given than to explore than the power they have to change it. Impossible is not at a declaration. It’s a dare. Impossible is a potential. Impossible is temporary.
これらをto do ではなくto be で読むとすごい世界が開ける。

実際、to do で成功した人たちの話を、to be で読むと元気が出てくる。